2017年10月15日

10年の眠りからの目覚め

ベスパの不調で先月からキャブ、そしてガソリンコックのオーバーホールをして、ようやく完成復活!
と思いきや先週朝、エンジンをかけようとキックするもかかからない。
やむなく、その日は原チャリに選手交代。

さて、これはどうやらスパークプラグが怪しい。
今装着してあるプラグは、通常のプラグよりだいぶ高価なイリジウムプラグで、以前厳冬期にエンジンのかかりが悪くなった時に奮発しで交換したプラグである。いつ交換したか、調べてみると、ちょうど10年前であった。歳月の流れは早い!

その交換当時の古いプラグがいくつかグローブボックスに入れたままだったので、古いプラグと交換してみる。
すると、キック1発始動‼︎

やはりプラグが死んでいたのだ。
イリジウムプラグは電極が繊細で掃除で復活するようなものではないので廃棄するしかなさそうだが、10年の眠りから覚めた従来型のプラグは元気そのもの。これで行けそうである。やはり古いものは単純なだけに息が長いのだ。

これでベスパは一段落したが、
先月から不調をきたしているものが実はもう一つあるのだ。

それは何かというと、

私の左膝。

色々、試しているのだが、なかなか回復せず、先週からは、異音発生。

こちらもなんとかせねば。
マシンと違い、生身の人間は難しいなあ。

IMG_2379.JPGIMG_2378.JPG


posted by banjohn_n360 at 14:19| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

ベスパと戯れた9月の週末

9月9日(土)
ベスパp125x 、エンジン不調のためキャブレターの分解掃除をする。
しかしエンジンの調子はイマイチ、やはり燃料コックの詰まりかも。
9月16日(土)
台風5号接近の影響で予定していた来客が来なくなり時間が空いたので、早速、タンクを下ろし、燃料コックを外そうとしたが、これがどうにも外れない。
調べてみると、これを外すには専用工具がないとダメらしい。確かにタンク内部の底に見える固定ボルトは、通常の工具では緩めようがない。さて、どうしましょ。昔は地元湯村にもベスパの店「ケニー」があったが、今はない。
そう言えば、甲府城近くの踏切のそばにベスパの看板のある自転車屋さんがあった。
専用工具があれば貸してもらえるかもしれない。試しに電話をしてみる。
電話に出たのは、明るい声の女性だ。いわゆる自転車屋のオヤジさんを想定していたのだが…、とりあえずベスパの修理が出来るか聞いてみた。
以前は、扱っていたけど、今はやっていないとのこと。今はやってなくとも、専用工具が残っていれば、と一縷の望みを託し話をしてみたが、いわゆる自転車屋のオヤジさんではないので思うように意図が伝わらず断念。
やむなくインターネットで探してみると専用工具が出品されている。これ幸いと注文。数日後、四国の香川県から送られてきた。
9月23日(土)
待ちに待ったその週末、専用工具を使ってみると、訳なく外すことができた。
燃料コックを分解するが、それほどの汚れも詰まりも確認できなかったが、ひととおり掃除をする。そして、タンクを取り付けようとしてまた問題発生。
燃料ホースの硬化によりタンクの取り付けができないのだ。以前、このホース、自分で交換したものだが、もうこんなに硬化していたことに驚き。
ベスパp125x はホースの折れ防止のため肉厚タイプの燃料ホースが使われているが、肉厚だけにその硬さが半端じゃない。
ベスパのパーツを扱っている宇賀神商会のサイトで注文しようと見てみると、肉厚タイプは品切れ、入荷待ち。
ベスパのパーツは物によっては、ガスケットのようにずっと何年も品切れ状態のものもある。
いつになったら入荷されるのやら、代替品も考えなけゃならんかなと、半ば諦め覚悟を決めていたところ、数日後、思いがけず入荷されているのを発見。今後のことを考え3回分の長さを注文する。
9月30日(土)
燃料ホースも手に入り、ようやく、タンクを取り付ける。
エンジンをかけて、近所を試走。うむうむ、今度は大丈夫そうである。

週末はベスパと戯れた9月でありました。

IMG_2279.JPGIMG_2288.JPG

IMG_2310.JPGLRG_DSC03763.jpegLRG_DSC03765.jpegLRG_DSC03766.jpeg
LRG_DSC03768.jpegLRG_DSC03770.jpeg
posted by banjohn_n360 at 23:55| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

連鎖修理

DVC00350.jpgベスパP125Xが先月から故障。先週末ようやく修理を行い復活した。
そもそもは、シートをロックするパーツが抜けてしまったことが発端。たかだかボルトで取付れば簡単に直ると思っていたのだが・・・。
修理が次からつぎへと連鎖し、燃料タンクから燃料ホース、キャブレター分解掃除までに発展してしまった。

posted by banjohn_n360 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

オイル交換に想う

DVC00267.jpg3台の車が同時期に車検になってしまった。一度の出費は痛い。特に春は何かと出費が重なる。
車検費用も少しでも節約できないか。

ホンダNのメンテナンスはもちろん自分でやっていたわけだが、夏タイヤの交換がてら他の2台もオイル交換くらいは自分でやることにした。
どうせじゃオイルフィルターも交換するか。
マツダベリーサとスバルプレオ。調べてみたらこの2台、オイルフィルターの規格が全く同じ。フィルターレンチも1種類で済むので好都合。

ホームセンターで、オイル、フィルター、パッキン、廃油処理箱、フィルターソケットを購入。

オイルを抜いてる間にタイヤ交換。 
前輪を外すとオイルパンやドレン部分もよく観察出来る。
さすがに2台もやると要領もよくなってくる。

世の中GW、みな非日常を求めて車で遠出するが、今や車も高性能化し自分で車をいじること自体、非日常的なものとなったような感がある。

一汗かけばビールも旨い。節約した分、ちょっと高めのビールで乾杯!

posted by banjohn_n360 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

高級車N

DVC00212.jpg先週、呑んだ翌日、車を取りに行ったあと、つつじケ崎温泉に向かった。
通り道の護国神社では骨董市。ちょくら覗いてみる。
我が愛車N360のおもちゃ発見。値段を見てびっくり。
高い・・・。高級車じゃん。

posted by banjohn_n360 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

ちっころ会 静岡菊川に行く

深夜3時半に目覚ましが情け容赦なく鳴り響く。

今日は静岡県菊川市で開催されるクラシックカーイベントに行くのだ。
昨日のちっころ会のバーベキュー&鍋パーティーからの流れでの強行軍。
昨夜は酒をセーブしたが、念のためアルコールチェッカーでチェック・・・・OK!(安堵)
家を出て待ち合わせの若草町のスーパーの駐車場にて仲間と合流。
ちっちゃな車たちが連なって夜明け前の真っ暗な国道52号線をひた走る。
Z360、Z360、S600、ライフバン、N360、N360ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
jvm1001.jpg
静岡の清水にて昨日バーベキューに駆けつけてくれたZ360のA田氏と合流。ようやく夜明けだ。
A田氏の先導で国道1号線を一路菊川に向かう。
jvm1005.jpgバイパス道が整備されており、国道52号線とはがらりと雰囲気が変わり、高速走行だ。
360ccのエンジンがフル稼働、頑張れよ〜と思わず心の中で応援してしまう。

甲府から4時間少しで現地に無事到着。愛車と共に無事を喜ぶ。

jvm1008.jpgクラシックカーの参加者はほとんど静岡県勢で山梨からは我が一団のみであった。
11月3日には天竜でもクラシックカーイベントが開催されるようで、さすが東海地方は車産業のメッカ。盛んである。

実は、このイベント、「おどら THE 菊川」という踊りのお祭りがメインで、隣接会場でクラシックカーイベントが併催されているのだ。山梨からは甲州よさこいソーランというチームが常連のようでアウェイで健闘していた。また、フラダンスのチームなんかもあり、色々楽しめる。

jvm1019.jpgまた、菊川市はお茶の産地で、10名ほどのかわいい娘さんがお茶娘に任命され、PRに活躍している。

雨が降り出し午後1時過ぎには会場を後に帰路に着く。

jvm1023.jpg清水のA田さんの実家は国道52号線沿いのタバコ屋さん。しばし立ち寄る。

なかなか味わいのある店である。タバコのショーウィンドウにもなにやらマニアックな匂いが・・・。

これ売り物け???

不思議な仲間たちである。



















posted by banjohn_n360 at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

10/29車恩会

jvm1000.jpg久々のちっころ会のバーベキューだが、今回はメンバーの1人、イ・チュムラくんの宮城県転勤の送別イベントでもある。
10時に甲斐市のダイトースターレーンに集合だ。

先週まで風邪をこじらせてしまい愛車の整備に手が回らず、出かける朝になって愛車のエンジンオイルをチェック。心配的中、オイルが足りない。補充用オイルも無い。こいつはまずいなあ。

慌てて、遅刻の電話連絡をし、現地直行する旨伝える。

オイルは老いる。
しばらくオイル交換してなかったので、オイルは真っ黒けだ。
しかも、翌日にはもう1つの大きなイベントも控えているので、この際しっかりとオイル交換をすることに決めた。

jvm1001.jpg近所のホームセンターくろがねやに駆け込んだ。
目当てのオイルはたぶん無いだろうなあと思いきや、んんん?
よくみると商品棚のプレートに求めるオイルの名があるではないか。
本体は無いが、確かに書いてある。
店員さんに、目的地方面のくろがねや店舗に在庫の確認を頼む。
すると響きが丘店に在庫があるという。慌てて店を出て響きが丘店に向かう。

響きが丘店は、駐車場が広いので、オイルを購入するとそのまま駐車場の片隅に陣取り、オイル交換を行う。

愛車のホンダN360のバイクはエンジンみたいなものだから、バイク用のオイルで10W-40を使う。
そして、あらかじめインターネットで購入しておいたオイル漏れを軽減するプラス91を混ぜながら、新しいオイルを充填する。

天気も良くてオイル交換日和だ・・・なんて悠長なことは言ってられない。

オイル交換を済ませ、いつもの長野県富士見町の道の駅蔦木に向かう。jvm1004.jpg

やってる、やってる。なんだか大勢だ。初顔の人が結構多いぞ。

県外勢はいつもの神奈川のY田さんのほかに、埼玉からS籐さん、静岡からA田さん。
そして、吾輩と同じN360GのI井さん、イさんの先輩H多野さん、さらには、車の整備職人W林さん(古いブルーバードSSS)も加わり、大賑わいだ。

埼玉のS籐さんは愛犬ももちゃん(秋田犬)同伴で参加。おとなしくておりこうな大柄なももちゃんは、小さなライフの助手席に座ると、なんだか犬とは思えない風情がある。
バーベキューの間もおとなしくしている。うちの犬じゃあこうはいかいないなあ。jvm1005.jpg

しかし、古い360CCの小さいパワーの車のオーナーは、それぞれ底知れないパワーを持っている。

昼間はバーベキューだが、夜は夜で鍋を囲んで送別会「車恩会」もやる。

そして、翌日は静岡県の菊川市で開催されるクラシックカーフェスティバルにも参加するのだ。

出発は夜明け前、二日酔いは厳禁。

オイル交換で車は調子よくなった。あとは体の調子を整備(セーブ)しなくては・・・。



posted by banjohn_n360 at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

クラシックカーフェスにて

DVC00307.jpg超レアの3輪車ダイハツ、ビー。映画「続・3丁目の夕日」にも出演していた実動車だ。

posted by banjohn_n360 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

ちっころ会の新年会

ホンダの古い小さな車の会であるホンダちっころ会の初めての飲み会が昨日開催された。
普段はバーベキューをやるにしてもみんな車で集まるので、ノンアルコール。
今回はI村氏の呼びかけで、氏の自宅で鍋をやることとなった。
I村氏は独身で1軒家に住んでいたので泊りもOKというわけだ。
その呼びかけに長野県からはT中氏が、また神奈川県からはY田氏も集まり、さらに新たにO野氏が仲間に加わり、総勢8名の鍋パーティーと相成った。
吾輩は日帰りコースとしたので車は乗っていかなかったが、夜のI村邸の庭にはあふれんばかりのホンダ360CC。(というより、あふれてた!)
110129ちっころ会新年会
鍋を囲んだ車談義は、やっぱり楽しかったね。
ただ残念なのは、I村氏は仕事の関係で半年後には宮城県に転勤となるそうだ。
I村氏は会の中でも一番の若手なのだが、とても気がまわり、愉快な性格で、会のムードメーカーだっただけにさみしくなるなあ。
この鍋会を企画実行した彼の功績を称えたい。






posted by banjohn_n360 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

旧き車と旧き音


100606nツーリング今日はよい天気。久しぶりにNッコロでお出かけ。
定例となってきたホンダちっころ会のバーベキューツーリング。
気持ちよい風を三角窓から受けながら、気に入った音楽を聴きながらのドライブ。

先日、近所のオギノの催事場、その一角にひっそりとあった中古CDの販売ワゴン。発掘したのはチャーリーパーカーの初期の録音を集めたCD。

古い録音なので音質は決して良くないが、Nのばかでかいエンジン音にも負けじと、高らかに響きわたるパーカーのアルトサックスは、旧き車とベストマッチ。



posted by banjohn_n360 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

マチコレ

先週金曜日、サンニチ新聞に折り込まれてくるタウン情報誌「マチコレ」に載ってしまった。
この情報誌は甲府を中心に主にお店などを紹介しているのだが、我が愛車N360も関係者の目にとまり、確かGWのへんだったが、我が家に記者がやってきて取材をしていったのである。

今回の記事には、私の本名も芸名も出てしまったため、今日行った歯医者のスタッフにも正体がばれてしまった。

でも、少しでも地域の活性化にお役にたてればいいね。Bトラのお客さんも少しでも増えてくれればなおよし。

今週末はホンダちっころ会のツーリングだ。さっそくマチコレもって出かけよっと。
posted by banjohn_n360 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

アンティークショップとLN

DVC00195.jpg先日ブログで書いたアンティークショップ橘の店先に今度は117クーペに替わりホンダLN360が展示。
先日の表敬訪問に対しオーナーのいきなはからいかな。
夜のライトアップした店先にたたずむLNは、これまた美しいのであった。

posted by banjohn_n360 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

アンティークショップにて

DVC00173.jpg最近近所にできたアンティークショップ橘を覗いてきた。店の前には名車117クーペが置いてある。
Nッコロで乗りつけたのだが、なんとその店のオーナーもNを持っていたのだ。奥の倉庫にはバンタイプである緑のLN360が格納されていた。車検も通してあり、実動車である。
これで近所には3人のN乗りがいることになる。
仲間が増えるのはうれしいね。

posted by banjohn_n360 at 19:17| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

ちっちゃな車の取材の日


091209-1本日は、地元の車情報誌カープレイの取材のため、いつものちっちゃな車のメンバーで今年最後のツーリング。

集合場所の甲斐市のボーリング場には、県外参加ではお馴染みの長野飯田のT氏に加え、なんと今回は、神奈川県の横浜&相模原から、Z2台とライフ1台の参加で総勢9台の車が集まった。(神奈川組は筋金入り、走りが違うぞ!)


091206-2白州午後の取材の前に昼飯を食べにK会長お気に入りの白州の卵かけご飯屋へ向かう。取材予定地の小瀬スポーツ公園とは逆方向だ。ましてT氏は逆戻り!ご苦労様です。

しかし快晴に恵まれ、雪化粧した甲斐駒や八ヶ岳が楽しめ気持ちよいドライブであった。


091206-3白州同乗者を入れて12名で生卵を食べまくり、甲府へ逆戻り。

途中、昭和インター付近で1台エンストするも、息を吹き返し、無事小瀬に到着。


091206-4小瀬さらにS800が1台、現地で合流し10台のちっちゃな車が勢揃い。

ひとつ問題が・・・会の名前が決まっていなかったのだ。

取材中に決まったその名前・・・興味ある方は、今月25日発刊のカープレイで見てみてください。



posted by banjohn_n360 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

富士サンロクミーティング(その2)


富士36-2
甲府から目的地のもちやに行くには2つの峠越えをする中道町右左口ルートが一般的だが、今回は市川三郷町から芦川沿いを登っていくルートだと峠が一つで済む。360CCの車には、峠越えが少ないのはなによりである。
5台のうち吾輩の車が一番年式が古く、登りは苦手なのだ。
後につながる車を追い越させながら坂道を登り、ようやく峠の精進湖トンネルを抜ける。ここまでくれば、一安心。車窓から秋の紅葉を楽しむ余裕も出てくる。


富士36-3出発して1時間ほどで会場に到着。時刻は9時15分。
9時から11時までが受付時間だが、既にたくさんのサブロクが来ており、駐車場はごった返している。あとで話を聞いたら、受付開始前から道路で待っている車が多かったため、30分受付を早めたそうだ。
古い軽自動車がずらりと並ぶ光景は、壮観である。


富士36-4
富士36-5







富士36-6スワップミートや抽選会のほか、ミニライブがあった。端山龍麿さんといってステップバンに以前乗っていたそうな。このライブ、なかなかよかった。アコギ、エレクトリックアップライトベース、カホンの3人編成で、しっとりした曲からロックンロールまで、我がBトラにも通じるものを感じた。
アップライトベースが良い音出してたので、ベースの方と話をしたが、全国各地を回っており、なんと我がBトラのホームグラウンドでもある甲府のライブハウス「キングラット」にも来たことがあるそうな。そのうち共演することもあるかもしれない。


posted by banjohn_n360 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

富士サンロクミーティング(その1)

富士サンロクミーティング。うまい名前だ。
サンロクは山麓と36をかけてある。
36ってのは、そう、古い軽自動車の排気量360ccである。

朝霧高原のドライブイン「もちや」で開催された古い軽自動車のこのミーティング、昨年の参加台数は100数台であったのが今年はなんと240台を超える車が全国から集まった。
遠くはなんと熊本や四国からも自走で駆けつけてきた強者もおり、驚きである。


fuji36-1今回、いつものK田氏からメンバーに声かけしたところ、どうやらK田氏と吾輩の2人だけの参加らしい。
ところが、なんのなんの。朝の7時半に集合場所のK田氏邸に行ってみれば、長野県飯田市からのT中氏、七五三で欠席のはずのK野親子、さらに新たにホンダライフのI村氏が加わり総勢5台に及ぶリトルホンダ車での行脚となったのである。



posted by banjohn_n360 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

Nッコロ運命のめぐりあい

先日の日曜日は、ホンダ旧車仲間のツーリング&バーベキュー。
約束の時間に集合場所に集まったのは、Zに乗るK田会長夫妻、そして吾輩のNの2台のみ。SのH坂氏は出遅れで現地集合、ZのK野氏は欠席。

行き先は前回同様、長野の蔦木宿である。
2台で蔦木宿へ向かう途中、食材の買い出しのために、いつもの白州道の駅の隣にあるスーパーエブリーに立ち寄ったのだが、そこで、驚くべき出来事に遭遇した。

店内で会長夫妻が食材を選んでいる間に、吾輩は酒屋さんのブースに向かった。なんせ車の運転なので、バーベキューとはいえ、酒は飲めない。前夜、ロドリーがライブハウスで飲んでいたアルコール0%キリンフリーというノンアルコールビールを思い出し、酒屋の主人にその品があるか尋ねようとしたところ、あれれ、レジにいるのは以前ワインコンサートでお世話になったまるきワインのA原さんにそっくり!思わず驚きの声を上げてしまったら、案の定、そうであった。
なんでも、酒屋の主人と知り合いで主人が都合があって店に立てない時は、急遽、ピンチヒッターの要請で峡東方面からここまで来て手伝っているという。なるほどそう言うワケか。

A原さんに「バーベキューならビール、ワイン、いっぱい買ってってね」と言われるも、酒を買えない事情を話し、お店に並んでいたノンアルコールビールを全て買い占める。(と言ってもキリンフリーは既に6本しかなかった。貴重だね〜)

さて、会長夫妻が見あたらないので、車に戻ったかと思い、いったん店を出た。その瞬間、目を疑う光景が!!!!!!


N邂逅赤いNが店先の駐車スペースに停まっているではないか。吾輩のNはこんな近くに置いた憶えはない。よく見ると、白いルーフのツートンカラーで吾輩のNより1世代新しいいわゆるNUである。
もしや会長が新たな仲間を呼んでいたのかと思い、店内に戻り、会長を見つけ聞くも存ぜぬとのこと。しかし、これは珍事だ!一大事だ!とばかりにそそくさと会計を済ませ外に飛び出す。
しばらくすると、そのNのオーナーとおぼしき人物が現れた。

話をしてみると、たまたまここに寄ったとのことで、ホンダの旧車があって、むこうも驚いていた様子。
会長は鋭い観察眼でナンバー登録して間もない事を見抜き聞くと、確かに半年ほど前に登録をしたという。彼はホンダが好きでSを持っているがNが欲しくなってようやく手に入れたとのこと。で、さらに驚いたことに、彼はなんと吾輩と同じ地域に住んでいて、NやSの置いてある場所は、吾輩の家のほんのすぐ近くであった。毎朝近くを通っていたがシートがかぶせてあるので全然気がつかなかったというわけだ。彼の方は、赤いNが時々水道径を走るのを見かけていたというが、それは間違いなく吾輩である。

再会を約束しお別れしたが、近くに住んでいても顔を合わせることの無かったN同志が、こんな遠くで邂逅するというのは、これはもう運命のいたずらというしかない。


BBQhonda白州道の駅を出る頃から雨が降り出し、これは天候が崩れるかと心配されたが、蔦木宿に付く頃には小雨になり、雨もなんとか上がってくれた。
長野の飯田からのNVのT氏も既に到着しており、H坂氏親子のSも到着。
河畔の大きな木下でバーベキューの開始だ。涼しい風が心地好い。
さあさあ、キリンフリーで乾杯!
く〜、昼のノンアルコールビールは効くぜ!


posted by banjohn_n360 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

駄菓子屋とチェリオとNッコロ

DVC00366.jpg緑ヶ丘グランドの一角に昔からある駄菓子屋「金子商店」。Nッコロで通り掛りにジュースを買おうと立ち寄った。
懐かしい中学時代を思い出しながら、店に入り目に留まったのは、これまた懐かしの中高生御用達のチェリオ。今はガラス瓶ではなくペットボトルである。お店のおばちゃんにお金を払う。するとおばちゃんは我輩のNッコロを見て、大変懐かしがってくれた。自身も昔乗っていたようですごく当時の車に詳しいのだ。おばちゃんは16歳のころ、自動車関係に最初就職したらしい。Nが発売され、大人気で・・・。
だいぶ長い間2人で話し込んでしまった。
自分が懐かしいと思いつつ入った店で、逆に懐かしがられるという不思議なひととき。

後で調べてわかったのだが、Nッコロが発売された昭和42年は奇しくもチェリオ発売の年でもあったのだ。なんだか、奇遇です。

posted by banjohn_n360 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

ベスパのシートお色直し

DVC00313.jpg我輩のベスパのシートは、以前、自分で革材を購入し裁断、自作し作り直したため色はグレーであった。今回、染めQという塗料で黒に塗り替えたところ、新車のように引き締まった外観に変身!

posted by banjohn_n360 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

ちっちゃな車の春の高原ツーリング


090405ツーリング1ホンダ旧車のツーリング。今回は、道の駅白州にて長野県は飯田市からのT氏と合流し、いつもの5台のちっちゃな車が集まった。同乗者を入れて総勢8名。
まずは白州にあるK田氏オススメの卵かけご飯のお店「おっぽに亭こっこ」。メニューは至ってシンプル。すばり卵かけご飯。白州農場の平飼鶏の新鮮で濃厚な卵を特製醤油でといて、ご飯にぶっかけて食べる。それだけ。しかし、これが旨い。ごはんおかわりで卵2個。おなかいっぱい。大満足。しかし、卵を一気に5個も食べた育ち盛りの強者がいてビックリ。
さて、そこから、八ヶ岳横断道に向かう。
キツイ上り坂が延々と続くと、我が愛車は大きくスピードダウン。こいつはやばい。飯の食い過ぎて車重が重くなったか・・・。
ただでさえ遅い小排気量の軍団がさらに遅くなるため、4台を先に行かせ、愛車を励ましながらしんがりをゆっくりと行く。

090405ツーリング概ね登り切ってしまえば、あとは快適走行復活。
さすがに標高が高いだけあって八ヶ岳横断道路周辺の春の訪れはもう少し先だが、穏やかな天気で気持ちがよい。
まきば公園、萌木の村、ミルクプラントをまわり、ソフトクリームやミルク、ヨーグルトを堪能し、無事、帰還。
みなさん、お疲れ様でした。
posted by banjohn_n360 at 23:47| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。