2017年12月04日

羊と虎(第2話 鍋 勝利の方程式)

(前回の続き)

前代未聞のフリーライブ企画、どうにも腑に落ちない中、彼から次々と相談のメールが舞い込む。
 そこのライブハウスどんな感じ?
 宿泊するホテルのおすすめは?
 山梨フードを振る舞いたい!
 カセットコンロで鍋をしたい!
 何か珍味を調達できないか・・・などなど

我々Bトラクターズのライブでは「ワンハンドレッド水餃子」を作って振る舞ったことはあるが、通常のパターンだと、ライブは早めに午後10時前には終了させ、近所の行きつけの焼鳥屋にて、打ち上げするのが理想形。

しかし、今回の彼の企画は、県外組3組、山梨組2組の計5組が出演するので、1バンド1時間として開演から終演まで5時間にわたって持続的に飲み食いできるシステムをご所望。
そうなると、長期戦に有効なのは確かに鍋である。店にはカセットコンロが4つ完備、環境は十分だ。

さて問題は、鍋を何にするかだが、山梨といえば、やはり「ほうとう」か? 
と言うか、山梨の郷土料理となると「ほうとう」しか思い浮かばない。
「甲斐の虎」と称された戦国武将武田信玄が陣中で食したとも言われ、Bトラクターズの武田スウィンギン節にも出てくるこの伝統食。野菜などをたくさん入れた味噌汁に「ほうとう」という麺を入れて煮込んだもので主食となるものである。

我が家では、この通常の食べ方以外に、各種鍋の最後の締めには、必ずと言っていいほど「ほうとう麺」を投入して仕上げとしている。ただし、販売されているほうとう麺によっては、鍋の締めに適不適があるので、チョイスを間違えるとたいへんなことになるので要注意。これに適した麺としては・・いかんいかん、話がソレた。

話を戻す。

しかしながら、この5時間に及ぶイベントにおいて、最初から主食的性格が強い「ほうとう」鍋では、酒の友的存在でいられるかというと、一抹の不安を拭いきれない。
山梨では翌日のほうとうをご飯にかけて食べる文化もあるが、これは一部の上級者にだけできる奥義であり、5時間耐久ほうとう鍋、考えただけで、すごいカオス(オカズの誤記ではない)となることが予想される。

そこで、閃いたのは、ほうとうの一種である鰍沢町十谷地域の伝統食「みみ」である。
これは「ほうとう」が、うどんの形状であるのに対して、「みみ」は一口サイズのほうとうだ。
イタリア料理のパスタに例えるなら、スパゲティに対して、ペンネやマカロニといったショートパスタがこの「みみ」にあたる。

この「みみ」を使った鍋ならば、主食的性格は薄れ、酒の友・ライブの友として長いお付き合いができる。
特に一口サイズは、大勢でシェアするのにうってつけである。

というわけで、今回の鍋、
先発投手は「みみ」、最後のクローザーは「ほうとう」で!

勝利の方程式の完成である(なんのこっちゃ!)。

みみほうとう材料.JPG


posted by banjohn_n360 at 15:42| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

たいへんです!ロイヤルサワーが…第2話

前回のお話のつづきです。

ロイヤルサワーがメニューから消え失せ愕然とした我々であったが、かくなるうえはメニューにある中からチョイスするしかないと腹をくくり、3人がオーダーしたのは満場一致でオニクサワー。お肉じゃないよ、念のため。
さて、このオニクサワー、味は確かにロイヤルの主成分的な味わい。美味しいが、ちょっと味がストレートすぎる。まぁ言って見れば、ウィスキーならシングルモルトって感じ。
そこでもう一捻り、2杯目はイカリ草、ウコギ、オニク、そして究極の大スズメバチサワーを注文し、1杯目の空になったジョッキに各自ブレンドして飲む作戦。
で、結果は???

大正解!4種混合で本来の7種混合には及ばないが、これは、正にロイヤルサワーの味わいに限りなく近づいた納得の1杯。一同上機嫌!

店では足りない薬草サワーが作れるように努めているとの弁もあり、再びロイヤルサワーがメニューに復活するまでは、このセルフブレンドシステムにて皆さんもお試しくだされ!

(写真のジョッキに浮かぶ黒い影は大スズメバチ様)
image-085d5.jpegimage-1074b.jpeg
posted by banjohn_n360 at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

たいへんです!ロイヤルサワーが…第1話

昨夜は7ヶ月ぶりのキングラットでのライブ。
キングラットとなれば、やはり、道中の奈良田本店に立ち寄りロイヤルサワーでパワー注入でしょ!
と久しぶりのロイヤルに胸躍らせ暖簾をくぐり、早速注文しようとメニューを開いて、びっくりポン!一同その目を疑った。
なんと、ロイヤルサワーが無いのだ!メニューの何処を探しても、ロイヤルという文字すら見当たらない。
お店の人に、確認してみると、訳あってロイヤルサワーが作れなくなってしまいメニューに載せられなくなったとのこと。
ロイヤルサワーは7種類の元気の出る薬草サワーをブレンドするのだか、確かにメニューには元気の出るサワーは5種類しかない。
これでは、ロイヤルサワーは作れない。
さて、この衝撃的な事実を前に、我々がとった行動はいかに?
この続きは次号で!
image.jpeg
posted by banjohn_n360 at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

平和園と布袋屋

 今日は、甲州市塩山で見つけた味わい深い2つのお店についてお話しましょう。
 ひとつは平和園。塩山というと塩山館のタンメンが有名であるが、実は平和園という昔ながらのラーメン屋があると以前から耳にしていた。これまでも何度かチャレンジしていたのだが、行く時間が遅かったのか臨時休業だったのか、行くたびに閉まっていたので、もうやっていないのかと思っていた。しかしついに本日、通りがかりに暖簾がかかっているの見つけ、その暖簾をくぐったのだ。
 平和園は比較的新しくきれいな店構えであるが、店内には2枚の写真がある。1枚はモノクロで昭和初期の歴史を感じる創業初期のお店の写真。今いるお店のおばちゃんは、この写真のお店の2階で生まれたそうだ。もう1枚の写真は鉄筋コンクリート造のビルの1階に新しくなった平和園の写真。しかし、そのお店も駅前の再開発で早々なくなってしまい、現在の3軒目の平和園になったそうだ。ラーメンスープの香りは懐かしく心に響き、自家製麺がツルツル感と適度な食感が絶妙でなかなか美味しいのだ。一品料理のメニューに「やきとり(もつ)」というものがある。これは、やきとりなのか、はたまた、やきもつなのか?実はやきとりのように串にさした「もつ」なのだ。これは、甲府のどてやきのように、食べるとモーレツに酒が恋しくなるのでご注意願いたい。
IMG_3160.JPG 
 さて、ラーメンを食すれば、お次はデザートということで、中央線をくぐり北側に進むと、布袋屋という和菓子屋さんがあった。
 このお店では大福、草餅、桜餅を購入。このお店、中に入ると一角に不思議なコーナーがある。何枚もの写真と写真に紛れてCDなんかが陳列している。しかし売り物ではない。陳列棚には「YAMAZAKI BREAD」という文字があるので、以前はパンを並べて売っていたものであろう。で、写真をよく見るとNHKのど自慢で歌う女性の姿が。また、置いてあるCDジャッケットにはその女性が・・・・ん?まてよ、さては・・・お菓子を売ってくれたおばちゃん本人だ!おばちゃんは33年前にのど自慢に出場し、みごとグランプリを受賞したそうだ。おばちゃんは、当時を懐かしむように、あの時は一世を風靡したのよ〜と嬉しそうに話してくれた。そしてどら焼きをおまけしてくれた。今度行ったら、美声を聞かせていただこうっと!IMG_3161.JPG
posted by banjohn_n360 at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

甲府市は南北に長いのだ(5/4)

5月4日 住吉のラーメン由に行く。IMG_0499.jpg

ジャズギタリストの藤巻さんと奥さんのユキさんが始めたこのお店のラーメンは、体に優しく美味い(旨いというより美味い)。美味なうえ、体が浄化されるようなラーメン。これはまさに2人のこだわりが作り上げた作品と言えよう。
作品といえば、店内には、ユキさんの作った楽しげなアート作品がさりげなくいたるところに飾られている。これも併せて楽しみたい。


由を後にすると、思いつくままに滝戸山方面に向かう。

滝戸という名前、吾輩の学生時代のバンドメンバーの1人と同じ名前。
たわいもない理由だが、いつか行きたいと思っていたのはそんな理由からである。

しかし、先日の兜山と違ってどれがその山なのか皆目見当がつかない。滝戸川沿いの道を車で上っていく。

滝戸山には3つの珍しい森林がある。今回はそのうち下方にあるシラカシ林、アオギリ林を確認する。
ミズナラ林はいつか山頂を目指す時に寄ってみよう。

帰りに、もうひとつついでに米倉山に寄ってみる。

米倉山は太陽光発電所、いわゆるメガソーラー発電所である。IMG_0510.JPG

晴天率の高い山梨は太陽光発電の適地である。米倉山から滝戸山山頂を探す。

たぶんあれだ、ちょっとわかりづらいが、ちょこんと少し飛び出しているのが山頂のようだ。

滝戸山や米倉山のある旧中道町は、市町村合併でいまは甲府市。

ということはGW後半戦、みごとに甲府市から一歩も外へ出ていない。

posted by banjohn_n360 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

もうすぐ開店、ラーメン由!

一昨日は毎年恒例になっている大月の百蔵山の麓にある知人宅での泊まりの忘年会。
昔の仕事仲間と再会し、語り合い飲み明かす・・・といっても最近お酒も夜もめっきり弱くなり、
忘年会続きもあって深夜1時頃には睡魔に勝てずお先に就寝。
DVC00156.JPG
翌日、知人宅を後にし猿橋駅から甲府方面の電車に乗る。(写真:車窓からの百蔵山)
笹子トンネルを越え甲州市に入ると雪の降った模様でびっくり。
大月は雨だったが甲府盆地は雪降ったんだ・・・。

昼過ぎ甲府駅に降り立つと雨も上がっている。

ジャズ仲間の藤巻夫妻が近々オープンするラーメン由の試食会のお誘いが来てたことを思い出し、その足で住吉のお店に向かう。
DVC00158.JPG
ジャズボーカリストでもある藤巻由貴子さんはかつて長野県で人気のラーメン屋をやっていた事を聞いてはいたが、
まさか再びラーメン屋を始めるとは正直驚いた。

お店は、なかなか素敵な内装で、ジャズが流れる。

麺は自家製、スープもチャーシューも絶妙なバランスで、他にはないおいしさ。
DVC00157.JPG
今回は醤油を食したので、次は塩を食べてみよう。

26日がオープンとのこと。11時から14時半のお昼の営業。

藤巻一紀さんのジャズギター教室もここでやっているそうな。

一度お試しあれ。
posted by banjohn_n360 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

発見!ふらんす屋

DVC00030.JPG先日、蓼科にドライブに行った帰り道、久しぶりに北杜市長坂町を通りかかった。

夕方であったが、ふと思い出した。それは、以前GSバンドの手伝いをしたとき、ドラムのマイティ前島さん、確か長坂町でケーキ屋さんをやってるって言ってたっけ。
土産にケーキを買うのも名案だ。早速そのお店を探すことにした。

駅前の商店街を外れたあたりでやっているというそれだけの記憶で、長坂町の路地に入りお店を探す。
店の名前もすっかり忘れてしまっていた。
勘だけを頼りに裏道を車で走るも見つからない。
同じ道を2周して、あきらめかかった時、魚光会館の裏道の一角に小さな看板を発見!
「ふらんす屋700m先」
これじゃ、間違いない!!

ケーキ屋さんなどとてもありそうにない道を看板の言葉を信じて進む。

あった、あった、ふらんす屋!!

お店に入るとパティシエ・マイティは吾輩にすぐに気づいてくれた。

店の一角は、富士山を望む小さな談話室になっていて、トランペットなどの楽器がさりげなく飾ってある。コーヒーをご馳走になりながら、マイティさんの波乱万丈な半生や苦労話などを聞くことができた。
若い頃、当時所属していたムード歌謡グループのレコード(ドーナツ盤)を見せてくれた。ジャケットの写真に写る4人のメンバーのうちハンサムなジャニーズ系の若者がマイティさんだ。

マイティさんは、現在ケーキ屋さんをやりながら、いくつかのバンドから頼まれ、ひっぱりだこのドラマーである。

マイティさんの作るケーキが、これまた美味しい。
ちょっと見つけにくいお店だけど、是非、探して行って見てね。
隠れた名店・・・ほんとに隠れてるから。

ふらんす屋のHP
(お店の案内やマイティさんのプロフィール、例の写真ものってるよ!)







posted by banjohn_n360 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

日本酒と中華

DVC00289.jpg日高屋はラーメンのチェーン店だが、以前、真冬の深夜に武蔵小金井で食べて、こごえた体を温めてくれたせいか、割と気に入ってしまった中華そば。(他の店舗の味は知らないけど)
今夜の仕上げに立ち寄る。
すると、日高屋なる日本酒があるのに気がついた。瓶がなかなかよい感じ。思わず注文。
この瓶の作りからみると、蓋を開ければ、そのまま、レンジで燗つけれそう。
埼玉上尾の文楽という酒造会社だ。
カツオだしの効いた中華そばと日本酒、藤井さんの歌ではないが、やはり合うのである。

posted by banjohn_n360 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャベツもうれしい焼鳥屋

DVC00288.jpg武蔵小金井で見つけた焼鳥屋。最近出来たらしい。関西系の店らしく東京ではまだ3店舗しかないようだ。
焼鳥は炭火焼き。お通しは数種類の中から自分でチョイス。
さらに焼肉や焼鳥などの肉料理となるとどうしても野菜不足ぎみになりがちだが、生キャベツおかわり自由がうれしい。

posted by banjohn_n360 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昼飯と音楽の出会いat神保町

DVC00287.jpg今日は東京の神保町で森林セラピー講習会。昼休時間、昼食を探してたら、スタンドそば的、ファストフード的チェーン店の小諸そば発見。天丼祭り開催中。海老天増量の天丼そばセット590円は速い安いでうれしいね。おかげで、食後にDiskUnionにて掘り出しものCDゲット!
ルイジョーダン、スリム&スラム、JBルノアー、ジョンハモンド!


posted by banjohn_n360 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

山菜三昧

DVC00269.jpg花わさびのおひたし、コゴミの味噌あえ、タラノメの油炒め、ウコギ飯。山菜の春爛漫。

posted by banjohn_n360 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

山梨にもあったんだ

DVC00255.jpgDVC00258.jpgGW初日の一昨日、柳沢峠を越えて、丹波山村経由で奥多摩町と檜原村に出かけた。
帰りは上野原ICから中央自動車道で甲府に戻った。
この道中、2つの丼を食した。
一つは丹波山村の道の駅の鹿肉を使った丹波鹿丼。最近は野生の鹿が増えすぎて森林や山村は深刻な状況にあるのだ。この鹿肉はことのほか柔らかくて旨かった。

そしてもう一つは、帰りに立ち寄った談合坂下りSAにて発見。
以前このblogでも書いたが我が青春の味、スタ丼!なんと山梨にもあったんだ。やっぱスタ丼はボリューム満点。
丹波鹿丼ももっと鹿肉を増量し、スタ丼目指して頑張っておくれ!

posted by banjohn_n360 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

まずは永福町大勝軒

中央高速バスは順調に運行し、予定到着時刻の11時40分になる前に新宿西口に着いた。
午後4時開演の熱帯ジャズ楽団のコンサートの前に腹ごしらえと楽器屋めぐりをする。

なにを食そうか?思いついたのが、永福町の大勝軒。正月に酒を飲みながら義兄が話をしていたラーメン屋だ。義兄が学生時代からのお気に入りで、以前、お土産ラーメンを贈ってもらい食べたことはあるが、店で食べたことは無い。場所は知らずとも駅に降り立てば匂いがするのでわかるという。

新宿から京王線で永福町駅へ。ホームに下りたがラーメンの香りは・・・?
改札を出て、鼻を利かす。かすかに北の方角から・・・。北口に降りると、ありました、大勝軒。
すでに10名ほどの行列ができている。
幸い、お1人様だったので順番繰上げでほどなく入店できた。

入ってみておどろいた。でっかいどんぶり!メニューはと言うと、中華麺1本勝負!つけ麺なんぞは無い。しっかりした値段だが、2玉入って1人前!!そして、極上のスープがなみなみ入っている。
スープが美味しくてついつい最後まで飲み干してしまった。食べすぎでおなかが少々苦しいが満足度は高い。
あとは楽器屋めぐりで腹ごなし。

永福町から井の頭線で渋谷に向かう。

最近、気になっているアンプが渋谷の楽器屋にありそうなのだ。





posted by banjohn_n360 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

ご当地アイスの御利益

DVC00324.jpg先週金曜日の朝、通勤の車のラジオで耳にした十六穀アイス。現在吾輩の勤務地である富士川町内にあるいち柳ホテルで販売してるという。このアイス、同じく富士川町の穀物食品メーカーはくばくの「十六穀ごはん」が使われているのだ。穀物とアイス?まあ、雪見大福やライスチョコもあるし、意外とイケるかも。
早速、昼間、仕事関係先の差し入れに十六穀アイスを買う。また、夜には自分も食してみたいので、仕事帰りに再度ホテルに立ち寄る。よく見るとほかにも地元の名産を使ったアイスが何種類もある。地元富士川町産のユズやラフランス、南部町のお茶、身延町の竹炭のアイスも買う。

昨日、まずは十六穀アイスを食す。この新食感アイスなかなかイケますぞ。

はくばくはヴァンフォーレ甲府のスボンサーであるが、これを食したタイミングで、昨日はヴァンフォーレ甲府、ガンバ大阪に4−3の激戦で勝利!J1に上がってなかなか調子出なかったけど、今回はよくやった!これをきっかけに浮上してくれ!

みんなもげんを担いで食べてみろし!

posted by banjohn_n360 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

湯村の居酒屋カレー

金曜日、久しぶりにBトラのメンバー、ロドリーとハラヘンと一杯やった。実に2ヶ月ぶりに顔を合わせた。

湯村にあるBGMにジャズが流れる居酒屋「なか巌」。ここのシーフードカレーがお気に入りなのだ。
一度お試しあれ。
posted by banjohn_n360 at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

ライジングサンにてランチを食す

DVC00289.jpg4月にライブをしたライジングサンにて昼飯を食べた。ボリューム満点のデミグラスオムライス。
今度の日曜日は吾輩の誕生日だが店のオーナー伸太郎氏はその2日前。どちらも双子座、ジェミニーズでも結成するか。

posted by banjohn_n360 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

おやつタイムにブドー酒と

DVC00276.jpg伝統的ラーメン、石和の三角屋。
昨日、小松ガーデンの帰りに通りかかり、思わず立ち寄ってしまった。やっぱり食前にはこれだね、ブドー酒。

posted by banjohn_n360 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

膳はどこへ行った。

昔「花はどこへ行った」というフォークソングがあったが・・・。

愛飲していたウイスキー膳があちこちの売り場で見かけなくなり、ついに近所のスーパ−でも「膳」の売っていた棚すらなくなってしまった。
どうも様子がおかしい?
もしや?と思いインターネットで調べてみると、どうやら生産中止になってしまったらしい。

膳はたいへん口当たりよく、竹炭濾過のモルトウイスキーで、コストパフォーマンスは素晴らしく、我が家には欠かせないウイスキーだっただけに、これが事実だとしたら本当に残念。
きっとハイボールブームでウイスキーの人気が急遽再燃したせいで、角とかが品薄になったのと関係があるのではなかろうか。

最近このハイボールブームにあやかり、トリスがエクストラなるバージョンで復活している。

数年前にトリスって製造中止になったんじゃなかったっけ?

吾輩が貧乏学生だったころ、一番安いのはトリスで600円くらいだったと記憶している。金のない吾輩の仲間のうちでは、トリスウイスキーに豆もやし、タバコはエコーという安さを極めた組み合わせで、よく飲み明かしたものである。

今ではそのトリスがエクストラと名のり、ボトルの形も一新し、安ウイスキーNO2のレッドを追い抜き、上品な顔をして、売り場で幅を利かしている。

学生時代に世話になったトリスのこじゃれた変わり様に、正直、戸惑いを感じる。

膳の原酒がトリスエクストラにまわっているのか?

膳は、そして青春のトリスは、どこへ行ったのだ。






posted by banjohn_n360 at 22:42| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

しいたけブラザーズがやってきた


siitake1
しいたけブラザーズは日本一元気なしいたけ屋だ。

父親の始めた原木シイタケ栽培を若き3兄弟が引き継ぎ、重労働で薄利だった厳しい原木シイタケ経営をその若き英知と行動力をもって波に乗せ、今やTV・雑誌などにひっぱりだこの人気ものである。(詳しくはしいたけブラザーズHP→http://shiitakebrothers.com/ )


siitakebrothers
今週、しいたけブラザーズの次男で社長の横田千洋氏が山梨にやってきた。
彼の苦労した経験談や考え方、将来の夢まで、いろいろと話を聞いたが、やっぱ、熱い男である。よいねえ、男は熱くなきゃ。




siitake2
土産にもらったしいたけがこれがまた立派。
食してみたが、こりゃ絶品。
首都圏や各地の飲食店から直接取引が引く手あまたなのも納得。

山梨もがんばらなきゃね。



posted by banjohn_n360 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

さよなら大安食堂


大安食堂大安食堂は勤め先の近くにあって、時々昼飯を食べに行く。
半もつ、半カレー、半チャーハンというラーメンセットが人気の、お世辞にもきれいとは言い難い年季の入ったその食堂の客層は、圧倒的に男性客である。

今日の昼時、いったんコンビニに入ったものの、なんか食べる気が起らず、コンビニを出て大安に向かった。
大安の暖簾をくぐり、店の戸をあけると、カウンターはほぼ満席で、なんと珍しいことに3人の女性客、奥のあがりにももうひと組女性グループがいる。

お店のおばちゃんの「奥のテーブルあいてるよ!」という声にいざなわれるまま、「じゃあ野菜炒め!」と注文しつつ、奥のあがりにあがった。

ビックコミックを手に座布団に腰をおろす。
隣のテーブルでは女性グループが、大安のメニューについておしゃべりしながら半カレーなどを食べている。

なにげに壁にかかるメニューの札に目をやると、その下になにか書き記した紙が貼ってあるのに気がついた。
え〜と、なになに・・・平成21年12月25日をもって閉店します。長い間ご愛顧ありがとうございました・・・なに〜!!今日ではないか!

突然のことで驚いた。先日来た時もすでに閉店お知らせの紙が貼ってあったのだろうか。
今日女性客が多いのもそのせいか。

年季の入った2人のおばちゃんのコンビネーションがよくもわるくもいい味を出しているお気に入りの食堂だっただけに閉店はショックだった。
がしかし、こうして大安食堂最後の日に立ち会え、昼飯を食べることができたのは、幸運であった。
閉店したのを知らずに来て驚くよりは。

帰りがけ、今日は最後だからと50円おまけしてくれた。
2人のおばちゃんに「お世話になりました。お元気で。」と感謝の気持ちを込めて最後の言葉をかけ、一抹の寂しさを胸に店を出た。

またひとつ歴史の幕が下りた。





posted by banjohn_n360 at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。