2007年05月01日

レスポールの復活


LP復旧1 我輩が、高校から大学時代に専ら愛用していたエレキギターは、グレコのレスポールである。非常にボディの重いギターで、サスティーンがよく効き、粘りのあるトーンが気に入っていた。当時は、このギター1本でずっとやっていたので、いつしか自分の身体の一部のようになっていた。
 現在は、フルアコやガットギターなどを使ってるため、ソリッドギターであるレスポールは第一線を退いて実家の片隅で眠っていた。そして、先日久しぶりにケースを開けてみたらビックリ。ブリッジやテールピースが錆だらけで見るも無惨な状態。高松塚古墳の壁画しかり、こいつはなんとかしなければ、ということでゴールデンウィークの休日を使って復旧作業を行った。
 サビの軍団はふくれあがってメッキを押しやぶり、ブリッジの駒はサビで原型が分からなくなるほどの熟成ぶりである。サビで固着した駒はひとつひとつ分解し、それぞれサンドペーパーで磨く。100番、150番、600番と番手を変えて3度(サンド!)磨く。テールピースとブリッジのサビを落とし、車のブレーキ洗浄液で洗い流し、スーパーメタルという金属光りする塗装をかける。ようやく綺麗な状態に復旧した(写真下)。
LP復旧2
 弦を張り替え、音を出してみる。フロントピックアップは音が出るが、リアピックアップは音が出ない。
しかし、大丈夫。もともと吾輩、このギターについては、フロントピックアップしか使っていなかったからね。
思い起こせば、高校入学の直前に出会ったある人がフロントピックアップを推奨してた影響かもしれない。その人もグレコのレスポールを持っていた。
何を隠そう、そのある人とは、現在吾輩のバンドでウクレレとベースを弾いている原ヘンドリックスその人である。



posted by banjohn_n360 at 00:55 | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。