2017年01月31日

2017キングラットへの道(その2)

(前回からのつづき)

〔重大問題〕
その重大な問題とは、Bトラ特性ウッドベース「コビトラバス」の持ち運びである。
自作のコビトラバスには、持ち運び用の専用ケースが無い。

その不可思議なルックスゆえ、そのままむき出しで担いで路線バスに乗ったとすると、それを目撃した者は、きっと疑問を心に懐いたまま眠れぬ夜を過ごすことになろう。そもそもそれを担いでバスに乗る勇気があればの話だが・・・、と思っていたら、その晩、原ヘンは自分でキャスター付きキャリアに背負い紐を細工し、コビトラバスを背負って悠然と我が家にやってきた!
IMG_1653-1.jpg
心配が現実のものとなった。原ヘンは、これでバスに乗るつもりのようだ…その勇気に感服する以前に、その出立ちを見て、これはうかうかしていられない、一刻も早く、何かで覆うなど周囲の人の目に触れないようにして運ぶ方法を考え出さなければならない。
伴ジョンは思いを巡らせるのであった。
(つづく)



posted by banjohn_n360 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017キングラットへの道(その1)

〔序章〕
2017年1月27日のキングラットでのライブは、ピアノ弾き語りのかめいさやかさんの第1回企画ライブで声がかかり、Bトラメンバーのうち都合の付いた原ヘンドリックスと伴ジョンソンがデュオで出演することとなった。

甲府南部の大里町にあるキングラットに行くには、我々の住む甲府北部からは、車で行って代行で帰るパターンが通例であるが、今回は新境地を切り拓くため、原ヘンと相談し、全行程公共交通機関によるキングラット攻略にチャレンジすることとした。

計画はこうだ。

まず、仕事が終わり次第、伴ジョンが自分と原ヘンの楽器2人分を担いで、甲府駅バスターミナルまで行き、そこで原ヘンと合流し路線バス(後屋経由山梨医大行き)に乗る。そして、甲府卸売市場バス停で下車し、ロイヤルサワーの奈良田本店に寄り、薬草サワーと食事を取る。奈良田から20分ほど歩いてキングラットに到着。
帰りは、キングラットから身延線の国母駅まで20分ほど歩き終電に乗り甲府駅に戻るというものだ。

歩行時間が割りと多いが、奈良田で薬草サワーが飲める、ラットでも酒が飲める、終電あるから午前様までの深酒の心配もない、というメリットを考えると、なかなかの妙案である。

ただ、この計画を実行するには解決しなければならない重大な問題があったのだ。

(次号へつづく)
posted by banjohn_n360 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。