2012年03月28日

フリーバードでばったり

DVC00229.jpg店の扉を開けると、いきなりヒゲヅラ男と眼があった。

ブルースマンのチャマだった。

平日の昼に偶然入った初めての店でいきなりチャマと出くわすとは。以前も開店したばかりのゴールドルースターでもニアミスしたことがあった。なにか縁を感じるね。

その店は武田にあるフリーバードていうカフェ。
オーガニックな感じのお店でピザとパスタがオススメでこだわりのコーヒーも旨い。

自分のことはさておき平日の昼にチャマがこんなとこにいるとは。まさか会社辞めたのか?

的中した。

チャマはナチュラルアートなる会社を作って創作家として写真やフライヤーデザインなどを仕事にしているという。近々本も出版するらしい。

会社勤めからの転身、なんとも羨ましい。

チャマのことだからきっとうまくいくであろう。
そういう男だ。



posted by banjohn_n360 at 00:56| Comment(1) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

これは素晴らしい活弁映画!(3/24:テアトル石和)

DVC00223.JPGまっこと面白かった活弁映画。ほんとにいいもの観た。
今この時代に、しかも県内においてこのような素晴らしい日本の伝統的文化を生で体験できたのは幸運であった。

活弁映画ってのは、映画に音声や音楽がついていなかった活動写真の時代、弁士がその場で音声吹き替えやナレーションを、楽団がバックグランドミュージックを担っていた映画である。

今回の弁士は今年74歳になる井上陽一さんという関西で活躍している方で、音楽のほうは活動写真和洋楽奏団という太鼓、三味線、ピアノ、バイオリンの4人編成の楽団である。

井上さんの名調子で始まり、当時を再現し上映直前には菓子売りが客席を回る。
昔のブロマイドがお菓子のおまけについている。お菓子を求める客が後を絶たない。もちろん吾輩も購入。

映画の演目は「血煙り 高田の馬場」という言ってみればチャンバラ映画であるが、これがまた、よいのである。
我が日本人の心を強く揺さぶられた1時間だった。
今やレンタルビデオ全盛で、TVもどんどん高性能化し、映画館にとっては厳しい時代。映画館が生き残るには、家では味わえない何かが不可欠。
昔懐かしい活弁映画は、まさしくそれだった。空気が違う、こいつはライブだ。

posted by banjohn_n360 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

餃子の店発見

DVC00218.jpgDVC00219.jpg新しい餃子の店発見。
ダイナマイトサムの店で呑んだ後、原ヘンドリックスと代行が来るまで軽くどこかで時間調整をしよう思って駐車場の近くで見つけたのが甲州餃子楼。

水餃子の唄を作った吾輩としては、サムの店でも水餃子を食したが、こんなお店に遭遇すれば、まずは食べなければなるまい。

餃子を食しながら店の主人と楽しき餃子談義。話は尽きないが代行が到着し、店をあとにする。

最近元気ない甲府中心街南部だが、いい店めっけた。

posted by banjohn_n360 at 00:49| Comment(5) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

あじわい深き映画館

今日は先月に引き続きコンブポンズのギターとして東日本復興支援ライブに参加してきた。
会場は街外れの以前パチンコ屋だった建物内で行われたのだが、その隣にあるのがテアトル石和という映画館。
これが、まことにノスタルジックな雰囲気でよいのである。
オーナーに話を聞いてみると祖父の代からやっていて、この建物は今年で45年を迎えるそうだ。
そして、あと5年すれば、市指定文化財への申請が可能となるという。

しかも、来週末は活弁映画・・・わかるかなあ?
theatleisawa.jpg




posted by banjohn_n360 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

高級車N

DVC00212.jpg先週、呑んだ翌日、車を取りに行ったあと、つつじケ崎温泉に向かった。
通り道の護国神社では骨董市。ちょくら覗いてみる。
我が愛車N360のおもちゃ発見。値段を見てびっくり。
高い・・・。高級車じゃん。

posted by banjohn_n360 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

Bトラ活動再開

DVC00200.JPG Bトラクターズのメンバー4人が揃ったのは11月のロックフェス以来だから、実に4ヶ月ぶりである。

 仕事関係の知人から結婚披露パーティーのアトラクションを頼まれたが、最近メンバーの皆さん仕事が忙しくてなかなかスケジュールの調整がつかないので、やっぱダメかなあ・・・と思っていたら、幸いなことにうまく調整がついて、フルメンバーでの出演となった。ライブハウスからのオファーも2つも断っていただけに、この佳き日に4人が集まれて、まずはめでたしめでたしである。

 会場は岡島の隣の地下にあるTHE VAULTという店。外国の方がやっているようで、世界のビールがのめるお洒落な雰囲気の店であった。
 
 招待客の中にトランペット吹きの島田氏がいるので、ロドリー遠藤の数年前に買って挫折し使っていないポケットトランペットを支度しておき、飛び入り参加を要請。さすが百戦錬磨の冷静沈着なトランペッター、おもちゃのようなトランペットだがよい音色出してた。
DVC00202.JPG


DVC00204.JPG 本番のステージ自体は20分くらいだったが、アンコール入れて(アルコールではない。いや出番前に焼き鳥丸八で少しアルコール入れたっけ)4曲を演奏。しかし、その夜はまだまだ暮れないのだ。その後、ローンズバーにて島田氏が再び合流、ジャムセッション。結局、気がつくと、我ら4人は丸八、VAULT、江戸屋、ローンズバー、六角堂と午前様のフルコース。

DVC00205.JPG 結婚披露パーティーのおかげで、Bトラクターズの音楽活動も再開したが、どちらかと言うと飲む活動のほうが・・・。まあ何はともあれ、T君Cさん結婚おめでとうございます。
posted by banjohn_n360 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

スチールギターの特別な夜(2/18)

DVC00175.JPGこれはパープルシャドウズの今井さんのスチールギター。8弦と6弦のダブルネックのスチールギターである。現在ではなかなか手に入らないものらしい。

フルーツパーク富士屋ホテルでのコンブポンズのイベントが終わって3日後の土曜日。
パープルシャドウズの今井さんが再び来甲した。今回は甲府富士屋ホテルでのイベントでハワイアンバンドでスチールギターを演奏したそうで、仕事を終え食事中の湯村の菊水で再会した。今井さんらと話をしているうちに、スチールギターの技を見せてくれることとなり、急遽、湯村のDJバー「ハートビート」のマスターにお願いして、お店でミニライブをさせてもらうこととなった。

こんなに間近で生のスチールギター演奏を見るのは初めてである。
スチールギターと一言で言っても、チューニングや弾き方にも色々あるようで、今井さんの紡ぎだす多彩なスチールギターサウンドは、ほんとにかっこよくて、聴き惚れてしまった。。実は今井さん、国内でもスチールギターの第一人者でその日も午前中に都内で超有名なある歌手のレコーディングに参加してきているのだ。
このスペシャルライブ、吾輩のほかたまたま来店した数人の若者たちが体験したわけだが、DJバーがハワイアンライブで、いつもと違う空気に彼らは面食らっただろうなあ。でも、この高いレベルの演奏はなかなか体験できるものではない。吾輩にとってこの贅沢なスペシャルライブをプレゼントしてくれた、メンバーとお店のマスターに感謝!DVC00176.JPG

posted by banjohn_n360 at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。