2009年10月29日

それで地球とか朝食(BlogPet)

きょうむぎっちょは、バンジョンとバンジョンは暖簾は料理したかもー。
それで地球とか朝食ー!
だけど、バンジョンは一角は歓談するはずだったみたい。
でも、むぎっちょは、是非する?

*このエントリは、ブログペットの「むぎっちょ」が書きました。


posted by banjohn_n360 at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

レトロな甲府2日間

藤井さんとライブの前に腹ごしらえするため入った店は、ロンズバーの裏通りの古いビルの一角にある、これまた年季の入った店構えの「かにや本店」。

「かにや」といっても蟹料理ではない。おにぎりやである。
すぐ近くの甲府銀座にある「かにや」には行ったことがあるが、こんな近くに本店があるとは知らなかった。
小さな店だが、ひなびた感じがすごくて、藤井さんも何だかとてつもなく遠くの町にきたような錯覚に陥る店だと感心していた。
店内の壁には昭和38年に撮った富士山登山のモノクロ写真が飾ってあり、今は亡きスーパー中込という文字が書き込まれている。(昔は甲府でスーパーと言えば中込であった。)
夕飯はおにぎり2個と最近ではあまりおめにかからなくなった「つぼ汁」。つぼはタニシのことだが、藤井さんは初めて聞くし、食べたこともないとのこと。
我らは昔、よく飲んでいたものである。最近は農薬などのせいで昔はたくさんいたタニシもめっきり少なくなっているようである。
つまようじでひとつひとつつぼをほじくり食べる。懐かしい味。昔食べたつぼはもっと大きかったような気がする。


翌日、藤井さんは昼近くになってようやく起きてきた。
藤井さんが寝ている間に犬の散歩がてら買ってきた天然酵母パン屋「メイプル」のくるみパン(これが旨いのだ)を軽い朝食がわりにとって、温泉に行くこととした。

昔ながらの風情が残る喜久の湯にて、1時間近くゆっくりと湯を浴びた。
藤井さんは、こういう銭湯もいよいよ少なくなってきたよねえと、感心している様子であった。


藤井・湯村食堂ゆっくり湯治をしたため、もう1時半である。
昼食をとるため、地元の湯村食堂の暖簾をくぐった。ここも45年くらいやっている店で、ひなびた感じが旅愁を誘う店である。
食堂といってもメニューはラーメン類と餃子のみ。迷わずラーメンと餃子を注文。
正統派のしょうゆラーメンと注文してから女将さんが包む餃子は、どちらも旨い。藤井さんも気に入ったようだ。(写真:湯村食堂前にて)

湯村食堂を出た後、近くにある竹中英太郎美術館に立ち寄った。(竹中英太郎は江戸川乱歩の小説の挿絵などで有名)
そこでも、ゆっくり絵を楽しみ、お茶をいただきながら館長の紫さんと歓談。藤井さんは竹中英太郎の画集を購入。
美術館を出ると時刻は3時になっていた。

藤井さんは今晩、飛騨古川でライブである。スタートは8時くらいだからと、余裕でいたら、結構な時間になってしまっていた。
すぐに家に戻ると荷物をまとめ、藤井さんを韮崎インターまでお見送り。

今回はレトロな甲府の2日間でした。















posted by banjohn_n360 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤井康一ライブ「愛のゲンコツ」は地球を救う!

実に3年振りの藤井康一さんの甲府ライブ、いや〜楽しかった。さすが日本一のジャイヴ男、最高のパフォーマンスでした。

「まちなかミュージックフェスタ」は、毎年10月の1ヶ月間、甲府中心街のお店で各種ライブを集中して行うイベントで今年で4回目を数える。

その一環で、昨夜は、ロンズバーにて「ウクレレ抱いた渡り鳥〜藤井康一withBトラ」と銘打ったライブを行った。

おかげさまでお客様も満員。中には、お隣の長野県茅野市からも駆けつけてきてくれた方もおりました。
今回、藤井さんはウクレレ弾き語りスタイルで、お馴染みのナンバーのほかに懐かしいウシャコダ時代の曲を披露。また、エルビスプレスリースタイルでの新曲「ショックヨックが止まらない」には会場は大爆笑。
さらに、千葉県松戸市長から「まつど減CO2(ゲンコツ)大使」を任命され作った新曲「愛のげんこつ」は、これまでになくポップな曲調で、温暖化を食い止めるためにも、是非、松戸市のみならず全国の大勢の方に聴いて欲しい素晴らしい曲でした。
なんなら山梨県では甲州弁ファンク「ロイヤルサワー」とのカップリングのシングルCDで売り出したらよいかも、なんてね。

Bトラクターズはオープニングに加え、藤井さんの2部ステージにて一緒に演奏。もちろん「ロイヤルサワー」は本家本元の藤井さんの歌とサックスでヒートアップ!!楽しい夜でありました。


posted by banjohn_n360 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

甲府一高強行遠足(BlogPet)

バンジョンの「甲府一高強行遠足」のまねしてかいてみるね

一昨日、また、難しいなあ。

*このエントリは、ブログペットの「むぎっちょ」が書きました。
posted by banjohn_n360 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

甲府一高強行遠足

一昨日、ロドリー遠藤から送られてきたメールによると、甲府一高の強行遠足の手伝いで野辺山に行くことになったので、いっそ後輩達を応援するため沿道にて演奏しませんかとの提案。
そいつはグッドアイデア!面白い!しかし・・
土曜の深夜か〜。翌朝は地元の運動会で早朝からの準備、難しいなあ。
でも、なんとか無理すりゃ行けるかもと考えていたが、また、メールが届いた。

昔は野辺山は深夜に通過する地点で、駅前でしじみ汁などが振る舞われ、小海線の踏切脇では吹奏楽部のOBがラッパで応援してくれる要のポイントであった。しかし、何年か前の交通事故の後、しばしの休止期間を経て復活した強行遠足は、終点が小諸から小海と距離も105Kmから75Kmに短縮され、出発時間は昼から夜10時と遅くなったことにより、野辺山通過は早朝になったとのこと。
それでは、運動会の準備には間に合わぬ。断念。

しかし、夜の10時に出発した一高生は、我が家の近所の通称水道径(すいどうみち)を走ってくるはず。夜10時を過ぎた頃、水道径に出てみると、沿道にはちらほらと応援や見送りの住民。そして、くるわ、くるわ、走るのもいれば、歩くのもいる。こんばんわと快活にあいさつしてくる生徒も多い。なんだかうれしくも懐かしい気持ちになっって、しんがりを見届けるまで、その場でしばしエールを送ったのであった。

ふと夜空を見上げると、きれいな星空が広がっていた。かつて深夜の強行遠足、八ヶ岳あたりで確かこんな夜空の星を見ながら歩いたっけ。

あれからもう30年。

頑張れ一高生諸君!

posted by banjohn_n360 at 23:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。