2008年12月25日

ミスターリズム

081224_234953.jpgアナログレコードを買ったのは何年ぶりだろう。

中古のアナログレコードを扱う店ができたとの話を先週耳にしたので、昨日、その店を探しだしのぞいてみることとした。
確かに懐かしいレコードが置いてある。今や値段もさぞかし高いのかと思いきや、なんのなんのリーズナブルではないか!
珍しいレコードを見つけ思わず2枚買ってしまった。やはり、大きいジャケットはよいなあ。
そのうちの1枚が写真のレコードだ。
カウントベーシー楽団のリズムギターで有名なフレディグリーンのアルバムでタイトルは『ミスターリズム』である。1955年のモノラル録画であるが、ターンテーブルに針を落とすと、あのザッザッと刻むスウィング感溢れるリズムギターに乗ってご機嫌なナンバーが50年の時を経て蘇る。心が温まる。



posted by banjohn_n360 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

昨夜は水餃子deクリスマス

081223_002300_ed.jpgローンズバーでのイベント『餃子deクリスマス』は今回で3回目となるそうだ。昨年初めてロメオ浅川と2人で参加したが、今年は原ヘンドリックスも加わり3人での参加だ。しかもこれまで餃子は焼餃子であったが、今回は水餃子である。もちろん、10月のライブで好評だったBトラの餃子ソングによる手作り水餃子である。今やBトラ水餃子の伝導師と一目置かれるNさんが前回同様その腕を奮ってくれた。ホントうまかったね。
セッションの方は深夜まで続き、片付けして帰宅したのは午前4時半。
みなさんお疲れ様でした。

posted by banjohn_n360 at 17:21| Comment(1) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古箪笥再生その11


引き存マスキング
1週間経つと柿渋臭もだいぶぬける。
引き存の金具は取り外しが難しいのでマスキングして黒で塗装する。この金具、ひつだけ紛失してしまっているのが残念。
ガラス存のガラスは外して洗剤できれいに洗う。


オイルフィニッシュさて、これでだいたい作業も終わったのだが、木の表面に艶がない。
そこで、仕上げはオイルフィニッシュ。
市販の荏油や亜麻仁油などがよいようだが、使ったのは家にあったサラダ油「エコナ」。
布につけて磨くとしっとりと良い肌合いになった。


箪笥完成
ついに完成。あ〜長かった。



posted by banjohn_n360 at 12:18| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

それとも接着する(BlogPet)

きょうはむぎっちょと実感する?
それとも接着する?

*このエントリは、ブログペットの「むぎっちょ」が書きました。
posted by banjohn_n360 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古箪笥再生その10

081207_144845.jpg柿渋を塗る。昔ながらの自然素材である柿渋塗装は、時間の経過で色が深まっていくのでこのような家具には良さそうである。
新しくした部材も柿渋を塗るとぐっと落ち着いた色になった。
しかし、強烈なのは柿渋の匂いである。このため1週間は外で乾かす。

posted by banjohn_n360 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

古箪笥再生その9

081206_151733.jpg錆でみすぼらしい引き出し金具を塗装するために引き出しから外す。錆が浮いて固くてなかなかとれないのがある。力を入れたら、バキッ、ポッキリ。取付金具はちぎれ、取っ手の一部ももげてしまった。さあ大変。どうしましょ?

結局、取付金具は缶コーヒーの空き缶から切り出す。取っ手の方はアロンアルファで接着、でことなきを得る。

posted by banjohn_n360 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古箪笥再生その8

081206_094013.jpg棚板を張って、翌朝見てみると、なんと板がせり上がっているではないか!夜のうちに板が夜露を吸って膨張したようだ。しかし、こんなにも伸び縮みするとは驚きである。杉の材質は柔らかくて加工しやすいだけあって、伸縮の幅も大きいのだ。木材は調湿作用があるというが、まさに実感。

posted by banjohn_n360 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

古箪笥再生その7


引き出し1





引き出し2引き出し部分についてはボロボロだったので原型がよくわからないのだが、引き出しのレールと横ずれ止めのガイドと奧行き調整のストッパーを工作する。たぶんこんな感じだろう。

棚板張り


棚板も取り付けるとようやく箪笥らしくなってきたぞ。
posted by banjohn_n360 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

古箪笥再生その6

081123_164052.jpg悪いところを外すとほとんど骨組のみに。

posted by banjohn_n360 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古箪笥再生その5

081025_171309.jpgさて最悪の状態だった下部が直って綺麗になると、今度はほかの悪い部分が気になってくる。結局、背面の板も棚板も全て取り替えることとした。
さて、ここで問題は、杉の単板がホームセンターでは手に入らないのだ。背面板は合板で代用するにしても、棚板はやはり日本の無垢の板でなければいかん。途方にくれながら、ようやく電話帳で見つけたそれらしき名前、遠藤銘木店。

Dvc00234.jpgありました。うってつけの杉板の半端物。なんと一束1000円の破格値でゲット。神棚の雲板などを作った残りで秋田杉だそうである。遠藤銘木店はホームセンターにはないいろんな木がストックしてあって大変貴重な店である。

posted by banjohn_n360 at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

古箪笥再生その4

081025_162723.jpgホームセンターにて購入した木材(マツ)にノミでホゾを掘る。

posted by banjohn_n360 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

古箪笥再生その3

081025_160351.jpgまず腐れのひどい下部の骨組みを外す。
横板は切り取る。
使えるところは極力残さないと今の時代、当時のような板の入手は難しい。

posted by banjohn_n360 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

醤油(BlogPet)

むぎっちょは醤油がほしいな。
醤油ってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「むぎっちょ」が書きました。
posted by banjohn_n360 at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古箪笥再生その2

081019_152645.jpgよくぞここまで・・・(汗)

posted by banjohn_n360 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古箪笥再生その1

080927_164447.jpgここのところ、週末は箪笥の修理に明け暮れている。カホンの注文も入っているのだが、なかなか手が回らない。
ひょんなことからボロボロの古箪笥が我が家にやって来たのは3ヶ月ほど前。廃棄予定だっただけあって結構重症である。特にひどいのは箪笥の下部で木は腐れと虫食いで朽ち果てている。(写真)

posted by banjohn_n360 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。