2007年09月22日

話(BlogPet)

むぎっちょはバンジョンで話すればよかった?

*このエントリは、ブログペットの「むぎっちょ」が書きました。


posted by banjohn_n360 at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

12弦ギター


12弦ギター1昨日ひょんなことから12弦ギターを手に入れた。
埃まみれのギターの汚れを拭き取り、錆びた弦を外し、錆びだらけの糸巻きをピカールで磨く。
新しい弦と紛失しているブリッジのピンは市内の楽器屋で購入する。

12弦ギターってのは、一度は弾いてみたいと思っていたけど、今までとんと縁がなかった。縁がなかったと言うより、きらびやかな響きの12弦ギターは、なんか高嶺の花というか、高貴な感じで、近寄りがたい雰囲気であった。(単に高価で手がでなかっただけ?)


さて、今回、買ってきた弦を見てみると、おもしろいことになっている。1,2弦はマンドリンみたいに同じ太さの弦が2本ずつだが、残り4〜6弦は、本来の太い弦に1オクターブ高音をだす細い弦がセットになっている。しかもギターを抱えた時、細い弦がいずれも太い弦より上側にくるようになっている。
弾いてみると、なるほど、“じゃら〜り〜ん!”となんともゴージャズな音がする。この弦の並びのなせる技だ。

12弦ギター2

この楽器はthumbというロゴがはいっている。サウンドホールをのぞくとTERADA MUSICAL INST CO.LTDとある。寺田楽器製作所という会社が昔作っていたもののようである。


さて、今度はこいつを活かした曲をつくらねば。


posted by banjohn_n360 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

北海道のハープ吹き


フミちゃん先月、まちなか音楽祭でDトラクターズの演奏に急遽ハーモニカで飛び入りしたフミちゃん。あれはまさしく言葉通り飛び入りだったなあ。武田スウィンギン節の演奏中に吾輩の合図で観客の中からから飛び込んできて、間奏16小節を吹き終わるとまた観客の中へ。

 そのフミちゃんが昨日、9月のまちなか音楽祭に出演した。その日新聞折り込みを見ると出演者の中に松田文昭の名前があった。午後4時からとある。吾輩がベスパに飛び乗り家から飛び出したのはすでに4時をまわっていた。
 会場は春日モールの甲府銀座通りの西の入口。幸いまだリハをやっていて、間に合った。4時半からスタートとのこと。
 先月はお祭りで歩行者天国だったが、今回は違う。車が演奏者の前を通行するため、お客さんは車道をはさんで見るという形。数人のお客さんが縁石に腰掛けてるがその目の前を車が通過する。見る方も命がけだ。
 さてフミちゃんはハーモニカソロを中心に披露した。選曲も赤とんぼからブルースまで、なかなか良い感じ。通りかかったおじいさんからはチップが飛んだ。
 
 吾輩がフミちゃんと出会ったのは八木のぶおさん率いるハープマッドネスのコットンクラブでのライブだったからちょうど1年になる。
 数年前に北海道から山梨に移ってきた彼のハーモニカの音色は、確かに北海道の森の香りがした。

posted by banjohn_n360 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

ぶどう園にて


ぶどう園 甲府で生活していると、地元にある観光ぶどう園なるものにはなかなか行く機会がない。観光ぶどう園のイメージといえば、数種のぶどうがなっていて、そいつをちょこっと収穫し、味見して、そんでもってお土産買って・・・まあこんなもんかな〜って思っていた。が!今日ひょんなことから立ち寄ったぶどう園でそんなイメージが一新した。

 場所は甲府善光寺の南にある早川園。もうすでに県外車が何台も停まっていた。吾輩も珍しいので園内を見学させてもらうことに。
 ぶどうと言えばデラウェアや巨峰、甲州ぶどうなどが思い起こされるが、なんとここのぶどう園は40種類のぶどうが栽培されている。そう、世界各地のぶどうが楽しめるのだ。
ぶどうの形も色も味も様々で、青リンゴの味のするもの、紅茶の香りがするものなど、普段お目にかかれないような珍しいぶどうも味わえる。
 長いこと山梨にいても、このような珍しいぶどうが地元のぶどう園で味わえるとは知らなかった。やまなしの魅力再発見であった。
  http://www.budou.or.tv/


posted by banjohn_n360 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

療養(BlogPet)

きょうは、バンジョンで利用したいなぁ。
それでバンジョンは療養するつもりだった?

*このエントリは、ブログペットの「むぎっちょ」が書きました。
posted by banjohn_n360 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

天下茶屋へ行く

今日の日中はまた暑さがぶり返した。澄んだ青空からの紫外線は痛く、山からは入道雲が湧いていた。先週土曜日に行った場所はあんなに寒かったのに。

久しぶりに御坂峠の天下茶屋にいった。何年振りだろう。途中の国道も改良バイパス工事ですっかり様変わりしててびっくりした。登坂車線が走行車線、走行車線は追い越し車線!レースさながらの国道から脇道の旧道に入る。森の中の道はうってかわって静まりかえっている。すれ違う車もない。天気はあまり良くなく、峠付近は霧雨模様。暗くて少々薄気味悪い旧御坂トンネル人を抜けると、天下茶屋はひっそりと霧の中に佇んでいた。
天下茶屋

車から降り立つと、たいへん寒い。茶屋にいた数人の客はほうとうを食していた。旨そ〜。





天下茶屋の2階の一角は太宰治記念館になっていた。太宰治が一時期ここに滞在していたことから、当時の文献や滞在した部屋、火鉢などが展示公開されていた。こんな静かな日は昔に思いを馳せながら見るのもよいものである。
そうそう、吾輩、太宰治と同じ誕生日なんだよな。
太宰治記念館
posted by banjohn_n360 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

信玄餅

 あの山梨のお土産で有名なK屋信玄餅。NHK大河ドラマ「風林火山」の影響なのか、今たいへん売れてるらしい。
 1つ1つが丁寧にビニールで包んであるが、あれは機械ではなく、なんと人の手で包んでいたのだ。
 オートメーションの機械から流れてくる信玄餅を包む見事なフォーメーション。1個包むのに6秒!
信玄餅
posted by banjohn_n360 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。