2007年05月26日

リックスで(BlogPet)

リックスで、レスしたかったの♪
そしてきょうは、リックスの車に推奨したいなぁ。


*このエントリは、ブログペットの「むぎっちょ」が書きました。


posted by banjohn_n360 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

ヒストリックカー

P505iS0002162981.jpg前日飲み屋に置いてきた原付を取りにいくため犬の散歩を兼ねて出かけていった。山手通りにさしかかると変わった車が数台通りすぎた。今日はヒストリックカーが湯村に立ち寄る日だ。次々と往年の名車がやって来る。


posted by banjohn_n360 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

ベスパ復帰

P505iS0001966295.jpg我輩のベスパは、3年ぶりに公道に復帰した。自賠責保険も今やコンビ二で入る時代。便利になったもんだ。


posted by banjohn_n360 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

雨水タンク


雨水タンク GWもまたたく間に過ぎていく。先日出演したFM甲府の番組では、「GWの予定は?」と訊かれ、「予定無し!」という肩すかしの返答をしたとおり、遠くに出掛けるわけでもなく、ギターの修理、庭のフェンス設置、犬の散歩、家の片づけ、ウォッシュタブベースの改造、ベスパの自賠責保険加入・・など、気ままな余暇を過ごしていた。
 そんななか、GW後半は、雨水タンクの作成にチャレンジした。これは、樋に流れてくる雨水をタンクにためて、散水に利用するためのものである。雨
 タンクの素材をインターネットで調べたところ、幸いにも地元の「コープやまなし」で扱っているらしい。しかも、驚く無かれなんと1000円という破格の値段!電話で問い合わせると、白色なら在庫があるとのこと。早速、車で乗り付けタンクを購入する。輸入ワインが入っていたタンクらしい。蓋を取るとワインの残り香が・・。
 白色のほかには青色や茶色があるそうだが、リサイクル品なので、入荷待ちで、なおかつ予定は未定とのこと。
 ただし、白色のタンクは、タンク内部に光を通すため、使用している間に藻が発生するらしい。
 そこで、ホームセンターで買ったチョコレート色の塗料を塗ってみると、なんともシックな雰囲気の樽に生まれ変わった。
 次に、タンクに慎重に穴を開け、漏水止めにパッキンとともに蛇口とオーバーフロー用のパイプをそれぞれねじ込む。
 問題は、樋からの取水装置である。市販のものもあるようだが、結構高価である。そこで、ペットボトルを利用して自作する。
取水装置
 こんな感じで、ほぼ雨水タンクは出来上がった。なんともすがすがしい充実感に満たされ、その日の晩酌はことのほか旨く感じられた。
 設置は、来週末あたりかなあ。




posted by banjohn_n360 at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

ほんとうは(BlogPet)

ほんとうは、バンジョンは
珍楽器のレスインスティックやウォッシュタブベースの体験コーナーも加わり、多いに盛り上がった。
って言ってたけど…

*このエントリは、ブログペットの「むぎっちょ」が書きました。

posted by banjohn_n360 at 10:08| Comment(8) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

レスポールの復活


LP復旧1 我輩が、高校から大学時代に専ら愛用していたエレキギターは、グレコのレスポールである。非常にボディの重いギターで、サスティーンがよく効き、粘りのあるトーンが気に入っていた。当時は、このギター1本でずっとやっていたので、いつしか自分の身体の一部のようになっていた。
 現在は、フルアコやガットギターなどを使ってるため、ソリッドギターであるレスポールは第一線を退いて実家の片隅で眠っていた。そして、先日久しぶりにケースを開けてみたらビックリ。ブリッジやテールピースが錆だらけで見るも無惨な状態。高松塚古墳の壁画しかり、こいつはなんとかしなければ、ということでゴールデンウィークの休日を使って復旧作業を行った。
 サビの軍団はふくれあがってメッキを押しやぶり、ブリッジの駒はサビで原型が分からなくなるほどの熟成ぶりである。サビで固着した駒はひとつひとつ分解し、それぞれサンドペーパーで磨く。100番、150番、600番と番手を変えて3度(サンド!)磨く。テールピースとブリッジのサビを落とし、車のブレーキ洗浄液で洗い流し、スーパーメタルという金属光りする塗装をかける。ようやく綺麗な状態に復旧した(写真下)。
LP復旧2
 弦を張り替え、音を出してみる。フロントピックアップは音が出るが、リアピックアップは音が出ない。
しかし、大丈夫。もともと吾輩、このギターについては、フロントピックアップしか使っていなかったからね。
思い起こせば、高校入学の直前に出会ったある人がフロントピックアップを推奨してた影響かもしれない。その人もグレコのレスポールを持っていた。
何を隠そう、そのある人とは、現在吾輩のバンドでウクレレとベースを弾いている原ヘンドリックスその人である。

posted by banjohn_n360 at 00:55 | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。