2007年03月24日

きょうむぎっちょは(BlogPet)

きょうむぎっちょは、バンジョンのマスキングとか塗装したかもー。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「むぎっちょ」が書きました。



posted by banjohn_n360 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

ベスパP125x復活計画その2


エンジンカバー
 今朝は雨模様でバイクいじりにはあいにくの天気。昨日途中となってしまったベスパの作業の続きを再開する。塗装作業には向かない天気ではあるが、あと一歩なので勢いでやってしまうこととした。
 
 昨日から試行錯誤で缶スプレーで塗装作業を繰り返して来た甲斐あってだんだん要領が掴めてくる。
 シルバーを塗るにはやっぱりプラサフの下塗りが肝心。古い塗装の上にそのまま塗るとシルバーが密着せず悲惨な状況になる。しかしプラサフの上だと見事に綺麗なシルバーがのる。みるみる綺麗になっていく様は感動的。(写真上:左はプラサフ塗装、右はプラサフの上にシルバー塗装したもの)
 昼近くになって雨も上がり日が差してきたなあ、と思ったのもつかの間、なにやら風が吹き始めてきた。噴射するシルバーがキラキラと風に舞っていく。作業を急がねば!
 どうにかこうにかクリアーの上塗り作業まで済ませたが、その頃には、風は気が狂ったかのように吹き荒れていた。
 
 夕方になっても荒れ狂う風はいっこうに収まらない。やむなく、寒風吹きすさぶ中、マスキングを外し、シートやエンジンカバーなどの取り付けを行う。体感温度はかなり低い。さぶ〜、早く熱燗飲みて〜!(心の叫び)
 
 かくして、我がベスパはシルバーの輝きとともに原型を取り戻したのであった。
P125X完成

posted by banjohn_n360 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベスパP125X復活計画

 ようやくこの週末、自分の時間がとれたので、今日は1日、ベスパに付き合った。
 今年は、異様に早く春めいてきていて地球の異常気象が気にかかるが、バイクいじりには気持ちいい気候。
 吾輩のベスパはP125Xというモデルで、1978〜1982年に発売されたものなので、少なくとも25年以上は経っている。ビンテージとまではいかないが、かなり古い型である。(昔、松田優作が探偵物語で乗ってたのも確かPのようだった。) エンジンオイルは混合式なので、ガソリンスタンドで、給油前に自分でオイルを2%の混合比率を見込んで注がなければならない。スローライフなスクータである。
 さて、このようなPであるが、吾輩の単身赴任もあったりで、長い間乗らなかったところ、ミラーは盗まれ、自賠責は切れ、あちこちサビが大繁栄、ナンバープレートも文字が消失、かなり悲しい様相を呈してしまっていた。そこで、このかわいそうなPをなんとか社会(路上)復帰させてやろうと、気持ちを入れ替え、作業に取りかかったのである。
 古いシールをはがし、外せる部品は外し、隅にたまった泥や埃を歯ブラシを駆使しこそぎ落とし、サンドペーパーでサビや浮いた塗装を削り落とす。
 やりだすとこれがまた結構手間がかかる。またたく間に1日が暮れていく。

P1贈5X


posted by banjohn_n360 at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

福祉施設でライブ!

 今回のライブは30分ほどの短いステージではあったが、ステージを終えると吾輩は心地好い全身の疲労感と爽やかな充実感に包まれていた。

 以前、1度病院のイベントでライブをやったことがあったが、今回は、児童から高齢者まで幅広い年齢層の知的障害者の福祉施設でのライブということで、どんな曲が喜ばれるのだろうか???と悩みながらも、アップテンポの楽しい曲を中心に、2ビート、4ビート、8ビート、16ビート、バラードと色々なリズムの曲を支度していった。
 そして本番直前になって、無謀にも今まで1度も試していないウォッシュタブベースを使ってオープニングのテーマソングをやることになった。以前ブログにも書いたが、これは棒とバケツを紐で結んで弾く手作りのベースのことだが、弾き手がまだ決まっていないため、今回は作製者である吾輩が自ら弾くこととなった。
 ぶっつけ本番で、音程が有るのか無いのか分からないような音をぶんぶんうならせ、吾輩は無我夢中で弾いた。お客さんは、あの人何やってんだろう?って不思議に思ったに違いない。
 しかしその後がたいへん。指、手、腕、胸、足といった全身を使って弾くため、1曲弾いたら全身へとへと。2曲目からギターを弾くのに握力がない。やばい!
なんとか立ち直って、2曲目のアップテンポのブルースへ。さて、お客さんの反応はどうだろう・・・?
 心配無用だった。気がつくと綺麗なジャッケットを羽織った初老の男性が最前列でクールなダンスを踊り始めていた。するとほかにも子供たちやら大勢が次から次へと踊ったり、身体を動かしたり、ニコニコ笑ったりと・・・なんだかこっちも楽しくなってきたぞー!
 
 結局アンコールもいれて7曲を演奏をしたわけだが、吾輩の方が逆に元気をいただいた様な気がする貴重な経験でありました。


posted by banjohn_n360 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

軒ずつTRY(BlogPet)

バンジョンが
いつも、バンジョンは最初富士見駅で探したが十日市屋が見つからず断念し、その後茅野駅にて北口と最近にあった十日市屋を1軒ずつTRY。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「むぎっちょ」が書きました。

posted by banjohn_n360 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。