2006年07月26日

野外ライブと風の丘


風の丘しらね ここのところ立て続けに我がバンドのライブがあった。
 先週金曜日はライブハウス、そして1日明けた日曜日は野外ライブ。こんな頻度でやるのも最近なかったが、来週末は商店街の夏祭りに呼ばれている。ライブの日程は決まっているが、夏の予定はまだなにも・・・。

 さて、天気も心配されたが日曜の野外ライブ、なんとか天気も持ちおおむね予定通り幕を閉じることができた。この野外ライブは第17回とのことで吾輩達も7年振りの出演であった。
 ひさびさに、県内の若いミュージシャンやご無沙汰していた古株のミュージシャンたち、そして来場者、スタッフなどなど 多くに方と交流でき、たいへん有意義なる1日であった。
 会場は、甲府盆地の西に位置する山の中腹にある芝生広場で、ここはパラグライダー場でもある。
 会場のはずれの森の中にはトロッコがあって、パラグライダーの滑走地点までいけるらしい。
 そしてどうやらその日は来場者のため無料でトロッコに乗ることができるようなのだ(多分お子様対象)。
 自分の出番が終わり、ゆっくりしているとなにやらトロッコへ向かうとおぼしき親子連れの一団が脇を通り過ぎていくではないか。
 ちょっとそのトロッコやらを拝見してみようと、持ち前の好奇心がわき起こり、すぐに後を追った。発着所では1台目がお客さんを乗せ出発したところで、若いスタッフの兄ちゃんが「もう1台乗れますよ」とのこと。じゃば、ちょこっと、と軽い気持ちで乗ると、やおらトロッコはレールの上を動き出した。

 ゆっくりゆっくりかれこれ20分も乗ったろうか、やっとこさで終点に到着し、彼の地に降り立った。眼下には御勅川が横たわり、甲府盆地が一望に見渡せる。パラグライダーではここから飛び降り上昇気流に乗ると何時間もフライトができるという。

 天空に思いを寄せていると、下の会場にいる仲間から携帯に捜索の電話がかかり、我に返る。急いで戻りたいが、羽がないから飛んでくわけにもいかない。帰りはまたスーパースローなトロッコの旅である。

 下に着くとすでに50分の時が経過し、楽しみにしていたステージをひとつ見損ねてしもうた。


posted by banjohn_n360 at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

ハープマッドネス来甲


ハープマッドネス2006077月14日、甲府にハープマッドネスがやってきた。昨年9月3日に初めての甲府公演以来2回目になる。場所はハープマッドネスとしては初の桜座。
メンバーは、2人のハーモニカ奏者八木のぶお&コテツ、そしてピアノの照本史。混じりっけなしでハーモニカ&ピアノを堪能できるシンプルでいてかつエキサイティングなギグである。
桜座備え付けの年代物ピアノ(60年前のらしい)を照本氏が巧みに操り、そのピアノにのっかって紡ぎ出される2人の個性あふれるハーモニカ。あいかわらず素晴らしいステージであった。
コテツ氏はなんと右手骨折でギブス!それでも、ハンデを感じさせず、逆にコップを使った珍しい技を披露。トーキングモジュレーターのような強烈なサウンドである。
吾輩もちょうど昨年の今頃、指を骨折しながらギター弾いてたなあ、と1年前の日々を思い起こしていた。
ステージの後は、ひとしきりメンバーや会場関係者のみなさんと歓談できてホント楽しい夕べになった。
また9月頃甲府に来るらしいが、とても楽しみなのだ。

八木さんの演奏を見て、おもわず会場で購入した2センチほどのミニハーモニカ。
これが見かけによらず、しっかりとした音が出て予想以上に楽しいのである。家でぴーぴー吹いている。







posted by banjohn_n360 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

ジャズギターセミナー

ジャズギタリスト宮本政志さんがギターセミナーを開くとの情報が耳にはいり、本日早速参加してきた。場所は4月にリトルジャイブボーイズとやった桜座キャラバンサライ。昼の2時から始まった。プロのセミナーなんて初めてで興味深々、リズムの取り方などいろいろ話が聞けて大変参考になった。次回もあるようなのでまた行こーっと!


posted by banjohn_n360 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。