2021年10月25日

新型Bトラバス 万能ウッドベース Bannowoodbass

まさかコロナ感染症で世の中が一変するとは、考えもしなかった。
2020年年が明けて、コロナ感染が報じられ瞬く間に世界中に蔓延。
Bトラの活動も感染リスクの少ない野外ライブ限定とした。
それでも、湯村食堂のハルちゃんの歌を作ったり、ラジオに出たり細々と活動をしてきた。
2021年に入ると、これまで作った2台のBトラバスもいよいよくたびれてきたこともあり、
この2台の弱点を改良した新しいBトラバスの製作に着手、5月の野外ライブにて
NewBトラバスのステージデビューとなった。

新作の改良点をざっと挙げると、まずはヘッドの耐久性向上。先の2台はともにヘッドが破損したことがあるので形状を改良。
2つ目は、どんな会場や音響設備にでも対応可能な3way増幅システム。生音に加え、ピエゾとマグネットピックアップ搭載。これなら、森でも山でも、ライブハウスでも日本武道館でも、どこでも大丈夫。
3つ目は、弾きやすさと持ち運びを考えたサイズと脚の内蔵機能。
ケースは前の小Bトラバスにジャストフィットの林業用苗木袋。これが入るサイズ。
以上、弱点克服し、万能ウッドベースとなったのである。ばんのうっどべーす。

10月に入りコロナ感染者数も減少し落ち着きを見せてきている。
新型Bトラバスを思う存分演奏できる日が来るのはそう遠くはないと信じる日々。

190930923_4064377947012523_5596522257371013754_n.jpg191183965_4064378517012466_2352806318717416899_n.jpg197336343_2880300122227818_4072243618567086597_n.jpg157289355_3817479365035717_8629967654747517947_n.jpg171007809_3922654347851551_1153644620660163841_n.jpg123602971_1505020426554632_5435588250965420228_n.jpgIMG_3604.JPG



posted by banjohn_n360 at 22:29| Comment(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

不死身の男

10月8日、平日夜の韮崎ライブ、大病で退院したばかりの友人が、東京から車椅子で駆けつけてくれました。
前日には緊急輸血をしたようで、体調や車椅子での1人の遠出に心配でしたが、一泊二日の彼の山梨訪問、さらにはステージ共演まで果たせ、私自身も貴重な体験でありました。

いくつか挙げると、
・JR構内において駅員の対応が素晴らしいこと
・山交路線バスは車椅子対応か事前に調べておく必要があること
・それと調べるのに結構時間がかかること
・さらに事前に予約をしておくとよいとのこと
・山交路線バスの車椅子用スロープは都バスより機能的に優れていること
・電動車椅子は重くて一人で持ち上げられるないこと
・電動車椅子は時速5kmも出ること
・電動車椅子が点字ブロック上は走行が不安定となること
・韮崎駅にはエレベーターがあるけど、ホームの一番外れにあること
など、色々と学びました。

ライブの方は、伴ジョン&原ヘンドリックスのデュオ。せっかくだからステージで1曲共演しようと彼を誘ったら、持参したミニジャンベで全曲参加!

ライブの翌朝、彼に連絡しても音信不通、心配になってホテルに駆けつけ目撃情報をもとに大捜索!

色々ハプニングもありましたが、彼自身は落ち着いたものでした。

元来どちらかと言えば控えめで慎重な彼だったが、この2日間、彼の図太く、かつ積極的な姿勢に、難病を発症し10年、3回の再発を乗り越えてきた不死身の男の生き様を見た思いがしました。

030A2F67-CEBF-43BD-92D0-3B754D2BDFFB.jpeg601C3647-B88E-47C1-B5AC-3F5836C7F4A3.jpegEED55658-7E1D-4434-9BCB-9366A41AF15F.jpeg35019AF7-7460-476B-B529-CCC8196A46A5.jpegA5C66BF1-9A77-4D1E-9D63-D83C8A07EDFA.jpegD6EFB557-3EAA-432A-97CF-67BEA5D169AB.jpeg7AD89CD2-FF81-4CAA-9B68-68CA82707BEC.jpeg1A51FEAA-4156-4A5E-A0C8-F5E3ECA5D7C2.jpeg22C1CF75-F52D-42C0-A3FC-DC70BAD0035D.jpegCCCE1561-69D1-43DF-BC19-1B96C240236A.jpeg5DACDD40-1FE3-4EBC-9D46-EACA4A74A9BD.jpeg00E4E629-9DAE-4002-9393-98DCABC3F587.jpeg9460CB0F-A905-4EFE-A5E2-7D3F909FBDD9.jpeg
posted by banjohn_n360 at 21:12| Comment(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

可愛いダンサーとの共演

ボールルームダンスってご存知でしょうか?
社交ダンスのことなんですね、恥ずかしながら、私、今回初めて知りました。

先月2月23日、東京市ヶ谷で開催された首都圏甲府会でのステージ。
このボールルームダンス全日本チャンピオンシップ2018で優勝した小学3年生の女の子3人が、我々が演奏する武田スウィンギン節のステージに文字通り、飛び入りし、見事なダンスを披露してくれました。さすがは全日本チャンピオン、我々の奏でるスウィング&ジャイブな変則武田節に合わせてキレッキレッなダンス!会場、大いに盛り上がりました。

帰りのバス、彼女達のお母様らしき方の話によると、我々の演奏が始まった途端、自然と踊り出したそうです。8ビートでも16ビートでもヒップホップでもない、スウィングという古めのリズムにこんな若い子が即座に反応してステージ飛び入りとは、なんとも感慨深く、嬉しい出来事でありました。

B488E382-BE28-48ED-9133-CBD070EFBFAE.jpeg
posted by banjohn_n360 at 23:05| Comment(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

2018年4月のライブ

4月は年度始めで何かと慌ただしいので、ライブはあまり入れないのですが、色々お誘いいただき気がついたら3本も入れてしまいました。

てなわけで、まとめて3本お知らせします。


まず1つ目、地元湯村のライブハウスでロック系のバンドとご一緒します。

私達も張り切っていきたいところですが、実は体に無理がきかないメンバーがいるので、穏やかに参ります(^^)


2018年4月7日(土)

<フィールロックカフェ湯村> 

(甲府市湯村3-10-10 055-253-4969

開場18時30分 開演19時

チャージ 2000円(ドリンク別)

出演

@Bトラクターズ 19:00−19:45

ATUNE BOX 20:00−20:45

B金魚鉢 21:00−21:45


2つ目は、じゃ〜ん!なんと県境越えてお隣神奈川県へ遠征です。

Bトラクターズ神奈川県初登場!

宮ヶ瀬湖のほとりで開かれるマルシェの音楽ステージに出演します。楽しそうなイベントです。春爛漫の宮ヶ瀬湖にドライブがてらお出かけください!


2018年4月22日(日)

「宮ヶ瀬湖虹色マルシェ」

(神奈川県愛甲郡清川村宮ヶ瀬)

 豊かな自然、おいしい水、暖かい人たちと、ハンドメイドや音楽、アットホームで賑やかなマルシェ開催

 開催時間 10時〜16時

 野外音楽堂 出演者

 @夕凪禅次郎 10:20−10:30

 Awestern pals 10:35-11:10

 BTir na nog 11:20−11:55

 Cにじいろボイス 12:05−12:40

 DBトラクターズ 12:50−13:25

 EBEATLESS 13:40−14:15

 FあべたかしGOLD&キラキラみさこ 14:25−15:00

 G太一with一期一会BAND 15:05−15:40

 

そして3つ目。

 甲府駅北口 甲州夢小路にある美味しいカジュアルフレンチレストランにて、謎の百姓ブルースシンガー、キャットニャンダフルフォーク部こと竹田信吾のレコ初ライブにBトラクターズが友情出演!

美味しい&楽しいこと間違いなし。

GW前の金曜の夜は、仕事をさっさと片付け甲府北口のエヌイッシンに集合!


2018年4月27日(金)

「キャットニャンダフルフォーク部+BトラクターズLive at N.IssHin」

場所:N.IssHin(甲府市丸の内1-1-25 甲州夢小路内)

時間:18時オープン 19時スタート

料金:投げ銭+要オーダー

 

  

 

 


posted by banjohn_n360 at 00:27| Comment(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

羊と虎(第2話 鍋 勝利の方程式)

(前回の続き)

前代未聞のフリーライブ企画、どうにも腑に落ちない中、彼から次々と相談のメールが舞い込む。
 そこのライブハウスどんな感じ?
 宿泊するホテルのおすすめは?
 山梨フードを振る舞いたい!
 カセットコンロで鍋をしたい!
 何か珍味を調達できないか・・・などなど

我々Bトラクターズのライブでは「ワンハンドレッド水餃子」を作って振る舞ったことはあるが、通常のパターンだと、ライブは早めに午後10時前には終了させ、近所の行きつけの焼鳥屋にて、打ち上げするのが理想形。

しかし、今回の彼の企画は、県外組3組、山梨組2組の計5組が出演するので、1バンド1時間として開演から終演まで5時間にわたって持続的に飲み食いできるシステムをご所望。
そうなると、長期戦に有効なのは確かに鍋である。店にはカセットコンロが4つ完備、環境は十分だ。

さて問題は、鍋を何にするかだが、山梨といえば、やはり「ほうとう」か? 
と言うか、山梨の郷土料理となると「ほうとう」しか思い浮かばない。
「甲斐の虎」と称された戦国武将武田信玄が陣中で食したとも言われ、Bトラクターズの武田スウィンギン節にも出てくるこの伝統食。野菜などをたくさん入れた味噌汁に「ほうとう」という麺を入れて煮込んだもので主食となるものである。

我が家では、この通常の食べ方以外に、各種鍋の最後の締めには、必ずと言っていいほど「ほうとう麺」を投入して仕上げとしている。ただし、販売されているほうとう麺によっては、鍋の締めに適不適があるので、チョイスを間違えるとたいへんなことになるので要注意。これに適した麺としては・・いかんいかん、話がソレた。

話を戻す。

しかしながら、この5時間に及ぶイベントにおいて、最初から主食的性格が強い「ほうとう」鍋では、酒の友的存在でいられるかというと、一抹の不安を拭いきれない。
山梨では翌日のほうとうをご飯にかけて食べる文化もあるが、これは一部の上級者にだけできる奥義であり、5時間耐久ほうとう鍋、考えただけで、すごいカオス(オカズの誤記ではない)となることが予想される。

そこで、閃いたのは、ほうとうの一種である鰍沢町十谷地域の伝統食「みみ」である。
これは「ほうとう」が、うどんの形状であるのに対して、「みみ」は一口サイズのほうとうだ。
イタリア料理のパスタに例えるなら、スパゲティに対して、ペンネやマカロニといったショートパスタがこの「みみ」にあたる。

この「みみ」を使った鍋ならば、主食的性格は薄れ、酒の友・ライブの友として長いお付き合いができる。
特に一口サイズは、大勢でシェアするのにうってつけである。

というわけで、今回の鍋、
先発投手は「みみ」、最後のクローザーは「ほうとう」で!

勝利の方程式の完成である(なんのこっちゃ!)。

みみほうとう材料.JPG
posted by banjohn_n360 at 15:42| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする