2019年03月07日

可愛いダンサーとの共演

ボールルームダンスってご存知でしょうか?
社交ダンスのことなんですね、恥ずかしながら、私、今回初めて知りました。

先月2月23日、東京市ヶ谷で開催された首都圏甲府会でのステージ。
このボールルームダンス全日本チャンピオンシップ2018で優勝した小学3年生の女の子3人が、我々が演奏する武田スウィンギン節のステージに文字通り、飛び入りし、見事なダンスを披露してくれました。さすがは全日本チャンピオン、我々の奏でるスウィング&ジャイブな変則武田節に合わせてキレッキレッなダンス!会場、大いに盛り上がりました。

帰りのバス、彼女達のお母様らしき方の話によると、我々の演奏が始まった途端、自然と踊り出したそうです。8ビートでも16ビートでもヒップホップでもない、スウィングという古めのリズムにこんな若い子が即座に反応してステージ飛び入りとは、なんとも感慨深く、嬉しい出来事でありました。

B488E382-BE28-48ED-9133-CBD070EFBFAE.jpeg
posted by banjohn_n360 at 23:05| Comment(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

2018年4月のライブ

4月は年度始めで何かと慌ただしいので、ライブはあまり入れないのですが、色々お誘いいただき気がついたら3本も入れてしまいました。

てなわけで、まとめて3本お知らせします。


まず1つ目、地元湯村のライブハウスでロック系のバンドとご一緒します。

私達も張り切っていきたいところですが、実は体に無理がきかないメンバーがいるので、穏やかに参ります(^^)


2018年4月7日(土)

<フィールロックカフェ湯村> 

(甲府市湯村3-10-10 055-253-4969

開場18時30分 開演19時

チャージ 2000円(ドリンク別)

出演

@Bトラクターズ 19:00−19:45

ATUNE BOX 20:00−20:45

B金魚鉢 21:00−21:45


2つ目は、じゃ〜ん!なんと県境越えてお隣神奈川県へ遠征です。

Bトラクターズ神奈川県初登場!

宮ヶ瀬湖のほとりで開かれるマルシェの音楽ステージに出演します。楽しそうなイベントです。春爛漫の宮ヶ瀬湖にドライブがてらお出かけください!


2018年4月22日(日)

「宮ヶ瀬湖虹色マルシェ」

(神奈川県愛甲郡清川村宮ヶ瀬)

 豊かな自然、おいしい水、暖かい人たちと、ハンドメイドや音楽、アットホームで賑やかなマルシェ開催

 開催時間 10時〜16時

 野外音楽堂 出演者

 @夕凪禅次郎 10:20−10:30

 Awestern pals 10:35-11:10

 BTir na nog 11:20−11:55

 Cにじいろボイス 12:05−12:40

 DBトラクターズ 12:50−13:25

 EBEATLESS 13:40−14:15

 FあべたかしGOLD&キラキラみさこ 14:25−15:00

 G太一with一期一会BAND 15:05−15:40

 

そして3つ目。

 甲府駅北口 甲州夢小路にある美味しいカジュアルフレンチレストランにて、謎の百姓ブルースシンガー、キャットニャンダフルフォーク部こと竹田信吾のレコ初ライブにBトラクターズが友情出演!

美味しい&楽しいこと間違いなし。

GW前の金曜の夜は、仕事をさっさと片付け甲府北口のエヌイッシンに集合!


2018年4月27日(金)

「キャットニャンダフルフォーク部+BトラクターズLive at N.IssHin」

場所:N.IssHin(甲府市丸の内1-1-25 甲州夢小路内)

時間:18時オープン 19時スタート

料金:投げ銭+要オーダー

 

  

 

 


posted by banjohn_n360 at 00:27| Comment(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

羊と虎(第2話 鍋 勝利の方程式)

(前回の続き)

前代未聞のフリーライブ企画、どうにも腑に落ちない中、彼から次々と相談のメールが舞い込む。
 そこのライブハウスどんな感じ?
 宿泊するホテルのおすすめは?
 山梨フードを振る舞いたい!
 カセットコンロで鍋をしたい!
 何か珍味を調達できないか・・・などなど

我々Bトラクターズのライブでは「ワンハンドレッド水餃子」を作って振る舞ったことはあるが、通常のパターンだと、ライブは早めに午後10時前には終了させ、近所の行きつけの焼鳥屋にて、打ち上げするのが理想形。

しかし、今回の彼の企画は、県外組3組、山梨組2組の計5組が出演するので、1バンド1時間として開演から終演まで5時間にわたって持続的に飲み食いできるシステムをご所望。
そうなると、長期戦に有効なのは確かに鍋である。店にはカセットコンロが4つ完備、環境は十分だ。

さて問題は、鍋を何にするかだが、山梨といえば、やはり「ほうとう」か? 
と言うか、山梨の郷土料理となると「ほうとう」しか思い浮かばない。
「甲斐の虎」と称された戦国武将武田信玄が陣中で食したとも言われ、Bトラクターズの武田スウィンギン節にも出てくるこの伝統食。野菜などをたくさん入れた味噌汁に「ほうとう」という麺を入れて煮込んだもので主食となるものである。

我が家では、この通常の食べ方以外に、各種鍋の最後の締めには、必ずと言っていいほど「ほうとう麺」を投入して仕上げとしている。ただし、販売されているほうとう麺によっては、鍋の締めに適不適があるので、チョイスを間違えるとたいへんなことになるので要注意。これに適した麺としては・・いかんいかん、話がソレた。

話を戻す。

しかしながら、この5時間に及ぶイベントにおいて、最初から主食的性格が強い「ほうとう」鍋では、酒の友的存在でいられるかというと、一抹の不安を拭いきれない。
山梨では翌日のほうとうをご飯にかけて食べる文化もあるが、これは一部の上級者にだけできる奥義であり、5時間耐久ほうとう鍋、考えただけで、すごいカオス(オカズの誤記ではない)となることが予想される。

そこで、閃いたのは、ほうとうの一種である鰍沢町十谷地域の伝統食「みみ」である。
これは「ほうとう」が、うどんの形状であるのに対して、「みみ」は一口サイズのほうとうだ。
イタリア料理のパスタに例えるなら、スパゲティに対して、ペンネやマカロニといったショートパスタがこの「みみ」にあたる。

この「みみ」を使った鍋ならば、主食的性格は薄れ、酒の友・ライブの友として長いお付き合いができる。
特に一口サイズは、大勢でシェアするのにうってつけである。

というわけで、今回の鍋、
先発投手は「みみ」、最後のクローザーは「ほうとう」で!

勝利の方程式の完成である(なんのこっちゃ!)。

みみほうとう材料.JPG
posted by banjohn_n360 at 15:42| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

羊と虎

「全部タダ?まじかっ!?」届いたメールに目を疑った。

2017年11月11日、富士河口湖町のバンド、シープコントローラーが主催したフリーライブイベント、その名も「ひつじ祭り」。

このひつじ祭りの相談があったのは、3ヶ月前の8月、突然シープ河合氏からの一通のメールだった。このひつじ祭り、以前、石和温泉で開催したそうだが、今回は第2回目を甲府の湯村温泉、そう、我がBトラクターズの地元、湯村温泉にあるライブハウス「Feel Rock Cafe 湯村」で開催したいという。
東京方面から3組のレゲエ、ロック、ジャズの大御所を呼ぶので、地元バンドとしてBトラも是非とのお誘いだ。

シープコントローラーは、土地勘の全くない我々のホームグランド湯村温泉に名うての東京のアーティストとともに乗り込んでくるというのであるから、これは一大事。例え、他のメンバーが駄目でも、ソロでもなんでも受けて立たねば始まらない。

それ以降、河合氏からよろず相談があり、準備を進めていくことになるが、まず驚いたことに、この際、店を借り切ってチケット代無料、ドリンクもフードも無料でやるという、ありえん企画!

一昨年、Bトラの結成20周年記念ライブでは20年にかけてチャージは20円という破格の値段設定でやったが、今回はそれを遥かに上回る太っ腹企画でチャージからドリンクもフードもみんなタダ。オールフリー!

どーなってんだ?
ましてや湯村温泉のホテルに宿泊するという。
大赤字ではないか?
私の疑問に彼はこう答えた。
「赤字ではなく、おごりです!」

宝くじでも当たったのか、はたまた、頭でも打ったのか…。
39BDCCC3-E8AA-497E-B87A-B34D0F678B50.jpeg
posted by banjohn_n360 at 23:01| Comment(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

10年の眠りからの目覚め

ベスパの不調で先月からキャブ、そしてガソリンコックのオーバーホールをして、ようやく完成復活!
と思いきや先週朝、エンジンをかけようとキックするもかかからない。
やむなく、その日は原チャリに選手交代。

さて、これはどうやらスパークプラグが怪しい。
今装着してあるプラグは、通常のプラグよりだいぶ高価なイリジウムプラグで、以前厳冬期にエンジンのかかりが悪くなった時に奮発しで交換したプラグである。いつ交換したか、調べてみると、ちょうど10年前であった。歳月の流れは早い!

その交換当時の古いプラグがいくつかグローブボックスに入れたままだったので、古いプラグと交換してみる。
すると、キック1発始動‼︎

やはりプラグが死んでいたのだ。
イリジウムプラグは電極が繊細で掃除で復活するようなものではないので廃棄するしかなさそうだが、10年の眠りから覚めた従来型のプラグは元気そのもの。これで行けそうである。やはり古いものは単純なだけに息が長いのだ。

これでベスパは一段落したが、
先月から不調をきたしているものが実はもう一つあるのだ。

それは何かというと、

私の左膝。

色々、試しているのだが、なかなか回復せず、先週からは、異音発生。

こちらもなんとかせねば。
マシンと違い、生身の人間は難しいなあ。

IMG_2379.JPGIMG_2378.JPG
posted by banjohn_n360 at 14:19| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする